ドラフト・デイのレビュー・感想・評価 (2)

メニュー

ドラフト・デイ

劇場公開日 2015年1月30日
24件中、21~24件目を表示 映画レビューを書く

日々闘うビジネスマンには心震わさずにはいられないストーリー

NFL(National Football League)。
世界最大のエンターテイメント界、その未来を担う金の卵にプライドと人生を掛けて仕事人達が熾烈・白熱の頭脳戦、心理戦を展開するドラフト会議、日々闘うビジネスマンには心震わさずにはいられないストーリー。
日本が向こう100年かけても絶対に敵わない産業は軍事産業、そしてエンターテイメント産業。改めて凄い!ドラフト会議まで最高のエンターテイメントショーに仕立てる。
人口は3倍、名目GDPは3.5倍。ところが貧富の差は日本の比ではない国民1人の平均可処分所得に落とし込むとわずか1.5倍。世界最高のエンターテイメント興業もローマ帝国時代のコロッセオとは違い、富裕層のみで成り立っているわけではない。このデータに日本のスポーツ興業、どこかにヒントを見出せるのでは?

myaa1969
myaa1969さん / 2015年1月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

NFLファンなので!!

公開時期がスーパーボウル直前。この時期のアメリカのスポーツニュースは、アメフト一色、どっちが勝つか、あらゆるデータを駆使して、大騒ぎですね。
個人的に、アメフトは映画鑑賞と同じくらい大好きなだけに、映画ストーリーを楽しむより、ドラフトにかかる選手側やGMとかのフロント陣について、興味深く拝見しました。
NFLが協力してますので、かなりリアルに出来ている印象です。

セリフとかで、例えばCBとかQB、RB等アメフトについて知らないより知っているにこしたことはないが、
本編始まる前に、ドラフト制度について説明がありますし、概ね、大丈夫です。

内容は地味ですが、簡単に言うと、人間模様を含め、ライバルチームとのやりとり、駆け引きが見所でしょう。

ななまがり
ななまがりさん / 2015年1月31日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ドラフトの舞台裏にびっくり

アメリカン・フットボール(NFL)ドラフトの日にスポットを当てたエンタティメントは、ゲーム感覚のドラフトの舞台裏に驚きながらもスリリングな展開にぐいぐい引き込まれました。

ちょっとメタボだったり人間くさかったりするケヴィン・コスナーが、なんだか新しい魅力を感じる役でした。

NFLドラフトのルールは、日本の私たち向けのイントロが用意されているので、試合のルールさえわかってない私でもOKでした。
恋人役のジェニファー・ガーナーも好演で、懐かしいTVドラマ「プリズン・ブレイク」のマザコン看守が意外と普通の役で登場しているのも嬉しかったです。

スリリングなだけではなく、登場人物を巡る様々な人間模様がたくさん盛り込まれていて奥行きもあるし、GMといえばどうしても野球の『マネー・ボール』と較べてしまうのですが、負けず劣らずおもしろかったです。

ちゅうみぃ
ちゅうみぃさん / 2014年12月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自分の未来がドラフトで決まる

人の弱みに付け込んだドラフトでの駆け引き、しかし、この駆け引きは、各チーム側のGM達の一方的なやり取りなのでは。。。
結局、選手たちはこのドラフトで運命が決まってしまう。
そんな中でも選手の事も考えながら行動している者もいた。

ハラハラする部分もあったのですが、何故かドラフトのルールが納得できない部分もあったので、作品の評価があまり良くならなくなってしまいました。

ケビンコスナー三のGM役は、流石です!

Pilot
Pilotさん / 2014年12月21日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

24件中、21~24件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi