劇場公開日 2014年11月8日

  • 予告編を見る

「光と影の中、役者が生きる」花宵道中 Arcoさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

2.5光と影の中、役者が生きる

Arcoさん
2016年6月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

映像の美しさとテンポの良さにリードされ、集中して一気に観ることができた。

ストーリーは纏まっているが少しありきたりで、違和感のある配役や台詞回し、濡れ場の長さも時々気になる。
だが、全体的にとても良く出来た作品だと思えた。

主演の安達祐実は声で損していると前から思っていたが、それを上回る演技力の持ち主だと改めて感じた。
常に良いわけではないが、ずば抜けて良い時があり、ハッとさせられる。

役者は、光や影、映し方によって魅力を最大限に引き出される。
様々なスタッフあってのものだと、つくづく思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Arco
「花宵道中」のレビューを書く 「花宵道中」のレビュー一覧へ(全32件)
「花宵道中」の作品トップへ