マエストロ!

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
マエストロ!
13%
42%
36%
7%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「神童」「コドモのコドモ」などで知られる、さそうあきらのコミック「マエストロ」を実写映画化。名門オーケストラの再結成をめぐり、その舞台裏で繰り広げられる若きバイオリニストと謎の中年指揮者の真剣勝負を、松坂桃李と西田敏行の初共演で描いた。不況のあおりを受けて解散した名門オーケストラに、再結成の話が持ち上がる。しかし、練習場は廃工場で、集まったのは再就職先も決まらずにいた「負け組」楽団員たちばかり。再結成を企画した張本人である謎の指揮者・天道は、指揮棒の代わりに大工道具を振り回す始末で、団員たちは不安を募らせるが、次第に天道の指揮に引き込まれていく。しかし、バイオリニストの香坂だけは、天道の隠された過去を知ってしまい、反発を強めていく。人気シンガーソングライターのmiwaがフルート奏者の橘あまね役で出演し、女優デビューを果たした。

2015年製作/129分/G/日本
配給:松竹、アスミック・エース

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2015「マエストロ!」製作委員会 (C)さそうあきら/双葉社

映画レビュー

4.0【”天籟”という言葉を知った作品。オーケストラ題材の映画が多い訳を考えた作品でもある。】

NOBUさん
2019年12月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

幸せ

 名作「オーケストラ!」(フランス)を始め、「ストリート・オーケストラ」(ブラジル)「オーケストラ・クラス」(フランス)。女性初のマエストロを描いた「レディ・マエストロ」(オランダ)・・。
 邦画では、コミカルな「オケ老人!」なども記憶に新しい。

 ストーリー構成としては、少し落ち目の もしくは素人集団のオーケストラが色々ありながら、練習を重ね感動的な演奏を披露する というパターンが多い。
 オーケストラだから、人間模様も複雑に描けるし、ラストへ持っていく過程も様々な描き方が出来る。
 そこに、素晴らしい音楽が加われば、面白く、感動的な映画の出来上がりとなる。

 今作も、基本的にはストーリーは上記の王道パターンで描かれている。

 ・歴代最年少で有名交響楽団のコンマスに抜擢されたヴァイオリニスト香坂真一(松坂桃李)のところに、不況の煽りを受け解散した名門オーケストラ再結成の話が舞い込む。
 彼は、希望していたミュンヘン交響楽団から不採用の通知を貰ったばかり・・。

 ・が、集まったメンバーは解散時、引き抜きがなかった言わば”落ちこぼれ”に近い人々。

 ・そこに現れた天道(西田敏行)という怪しげな風体で、彼らを厳しく演奏指導する男。が、的確な指示が徐々にオーケストラを立て直していく・・。

 ・天道が過去に香坂の父と関係があった事が分かり・・。

<天道がオーケストラを集めて厳しく指導した理由と、猛練習により自信を取り戻していく楽団員たちの姿に魅入られた作品。”天籟”を私も感じたいと思った作品でもある。>

<2015年1月31日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

2.0期待はずれ

ぷあんさん
2019年9月26日
スマートフォンから投稿

お金だしで見なくて良かったと思う作品だった。
ストーリーはありきたり。
感動する場面で感動できず消化不良。
オーケストラで運命聞いたら、鳥肌たつくらいジーンとくるのだが、指揮者は汚いしガッカリがたくさんあった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぷあん

3.0普通 もう一押し何か欲しかった

唐揚げさん
2019年6月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

楽しい

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
唐揚げ

2.0作品の言いたい事は◯ 話の流れは✖️

2019年5月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

名門オーケストラ集団が再結成しコンサートを目指すのだが、謎の老指揮者が突然現れ色々起こるお話。

というか、以前に別で一流指揮者がオーケストラに必要な理由や、「素人指揮者と一流指揮者は何が違うの?」という番組を観た事があるのですよ。
お金を取る様なオーケストラの各一流演奏者は一流指揮者でないとまともな演奏が出来ないらしい(それ常識らしいです)し、一流指揮者は各演奏者に指示を出し良さを引き出す。
「オーケストラは指揮者ありきなのだ!!!」
それを知っていた訳ですが、、、。

冒頭から集団は指揮者を要らん扱い。
一応人数減ったとはいえ、今までお金取って演奏していた集団だろコレ、、、そう見えない。
まともに思えるのが指揮者だけ。
両者の確執を観せられるのだから違和感だらけだった。
指揮者に魅せられ演奏が良くなって行くのだが、、。

話を面白くする為なのかい?この集団設定と脚本。
違和感は拭えない。
「指揮者に恵まれない田舎地方集団がお金を取る様なコンサートを目指す」なら分かるんですがねぇ・・・。

「たった1人のレクイエムだった」って松坂桃李も気づくの遅えよw 億のバイオリンに似合わんよ。

「作品として最後言いたい事は分かった。しかし、話しの流れは合っていないよ。」と言いたくなる映画。

「一流指揮者とはこんな感じだ」というのは分かりました。
(マエストロ!ってタイトルだし当たり前か。)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
巫女雷男
すべての映画レビューを見る(全88件)

他のユーザーは「マエストロ!」以外にこんな作品をCheck-inしています。