劇場公開日 2014年11月15日

  • 予告編を見る

「所詮お金も紙でしょ。 お金の価値ってなんだろう、と思いながら見てい...」紙の月 キッスィさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0所詮お金も紙でしょ。 お金の価値ってなんだろう、と思いながら見てい...

2017年7月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

所詮お金も紙でしょ。

お金の価値ってなんだろう、と思いながら見ていた自分がいた。

最初のアプローチ、ホームの反対側にいるのに、なぜかこちらに降りてくる。
梨花からだったんだ、と。

夫の何がそこまで不満だったのか。そこまでなかったのかもしれない。でもないからこそ若い男に目がいったのか。

更衣室での大島優子との会話が横領の後押しをする。ちょっと借りただけなら、と思わすあの演技うまいなー。

笑わない先輩行員のじわじわと不正を見つけていく姿は金融機関のきっちりさをも感じた。そのくらいの校正さを求められるのが金融の世界なんやね。

そういえば、CMだか予告かでは捕まっているシーンがあったけど、結局そんな結末とは。逃げ続けるのだろうか。国際手配!?いろいろ想像していまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キッスィ
「紙の月」のレビューを書く 「紙の月」のレビュー一覧へ(全212件)
「紙の月」の作品トップへ