インヒアレント・ヴァイスのレビュー・感想・評価

インヒアレント・ヴァイス

劇場公開日 2015年4月18日
45件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

全ては波打ち際で見た一瞬の夢のように

過去にも幾つかのトマス・ピンチョン作品を映画化しようと試行錯誤してきたポール・トーマス・アンダーソン監督。そのいずれも断念したところ、急遽売りに出されたのが本作の映画化権だったという。PTAがこれに飛びついたのは当然としても、映像不可能と言われるピンチョン作品をよくぞこれほどの内容へ築き上げたものだと感心させられる。
魅力的なキャラクター達が不気味にうごめき、幻想的な靄の向こうには「黄金の牙」がそびえ立つ。ジョシュ・ブローリンの理不尽な暴力に耐えながら、美貌の彼女の肢体に酔いしれながら、私達にできることといえば、ここで這いつくばって犯人探しをするでもなく、ただただ謎を深めていく筋書きに身を委ねるのみ。全ては波打ち際で見た束の間の夢のように、あるいは指の隙間からこぼれる砂のように儚い。観る者を選ぶ映画ではあるが、観るたびに陶酔が増していく。これは後からジワジワと浸食が進んで行く危険な映画だ。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2017年7月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

PTA祭その4

『インヒアレント・ヴァイス』はピンチョン原作なので普通の私立探偵小説のわけもなく、次から次へと胡散臭い人物が出てきて、話がどんどんずれていって、目的がわからなくなり、ストーリーとプロットを把握するのを途中で諦めました。
コメディよりなので、まだ見やすい方なのですが。ジョシュとホアキンコンビ面白とかきれいなお姉さんきれいとかホアキン7変化とかを楽しみました。
『ザ・マスター』からだいぶヒゲが伸びてましたが、もっとモジャモジャになったのが『ビューティフル・デイ』なのですかね。

なお
なおさん / 2018年6月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ヒッピー探偵に引き回される楽しさ

ホアキン・フェニックスのヒッピー探偵がいい。新たな人物が登場する度に、新たな謎が生まれて先が見えなくなりそうなストーリー。しかしその引きずり回される感覚も、ヒッピー探偵が愛飲しているマリファナのような麻痺感覚の謎解きが楽しい不思議な作品。

kaoy03
kaoy03さん / 2017年10月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

内在する良心 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ノーベル文学賞を何度も辞退している謎の覆面作家トマス・ピンチョンによる「LAヴァイス」が原作。何せ名誉とか栄誉とか目立つことには一切興味のない作家さんだそうだが、今回初めてお墨付き与えた映画になんとピンチョン自らカメオ出演しているという噂も。

ヒッピー文化への言及が多い原作は、ピンチョン著作の中でも最もわかり易い部類に属するらしいが、映画を見る限り登場人物や団体名を覚えるだけでも一苦労、サイケカラーの?マークがいくつも浮かぶカオス感満載の内容だ。

70年生まれのPTAにとっては、ベトナム戦争が泥沼化した70年はリアルに青春期を過ごした時代ではなかったはずだが、当時のポップ・カルチャーを再現した数々の意匠はマニア心を結構くすぐるらしい。

フィリップ・マーロウ主人公の探偵小説にオマージュを捧げた映画冒頭シーンにはじまり、知らない人が見たらウルヴァリンにしかみえないドク(ホアキン・フェニックス)の髭は、ニール・ヤングなどの歌手が当時たくわえていたマトンチョップスと呼ばれる代物だという。

坂本九のSUKIYAKIはお約束としても、サイケ風からミニー・リパートンやチャック・ジャクソンのクラシック・ソウルまで、使われていた楽曲は、曲を聴いたことのない人でもラブ&ピースな70年を連想させる選曲だ。

しかし映画は同時に、そんなアメリカン・ポップカルチャー衰退の起点となったチャールズ・マンソン 事件や、土地開発のためインディオを追い出したLAの暗い過去、歯医者や精神科医、麻薬カルテルにFBIそしてLAPDまで、巨悪に加担する白人支配層をシニカルに描き出す。

昔の恋人から依頼された愛人失踪事件調査のはずが、いく先々で聴取人から別の依頼を受けて、マリファナ中毒のドクの頭の中同様、観客の皆さんをひたすら混乱の渦に巻き込んでいくストーリーは、木を見て森を見ないシネフィルの皆さんが見たら、確実に置いてけぼりを食ってしまうことだろう。

原作には登場するヴェガスのくだりを省き、精神病院における“再生プログラム”を受ける人々をラストのオチに持ってきたPTAの真意は一体何だったのだろう。

「無賃住宅」の建設構想を夢見る不動産王、FBIの雇われ潜入捜査員を辞めたがっているコーイ(オーウェン・ウィルソン)やLAPDに飼われている殺し屋の子分、そしてその殺し屋に相棒を殺されたトラウマに悩むビッグフット(ジョシュ・ブローリン)もまた、インヒアレント・ヴァイス(内在する瑕疵)から発せられる声なき声のせいで精神を病んでいたのではないか。

悪徳がはびこるLAをアメリカ固有の瑕疵ととらえた原作者同様、「ビッグ・リボウスキ」のコーエン兄弟が徹頭徹尾性悪説に則っている映画監督だとすれば、PTAは“敷石の下はビーチ”であることを信じている数少ない監督のうちの1人だと思うのだがどうだろう。

かなり悪いオヤジ
かなり悪いオヤジさん / 2017年10月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

PTA

ってポール•トーマス•アンダーソンのことを略すのを知りました。
ヒッピーってもっとハイで群れて、自然であることを不自然なくらいにアピールしながら、ユートピアを求めてるイメージだったのに、主人公ドックはそのヒッピーのイメージとは違う。なんでだろう?彼は眉唾な私立探偵を商売として、どうしようもないジャンキーで、警察にもFBIにも疎まれてる。でも情があって憎めない。彼は時代に取り残されてしまったヒッピーなのかもしれない。
ストーリーの展開に置いてかれることがしばしばあったので、もう一度観たい。

®️KO
®️KOさん / 2017年4月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

二転三転の展開に振り回される妙味

誰にでも隠れた瑕疵はあります。ヒッピーにも彼女にもアメリカという国自体にも。それにつけても「テキーラゾンビ」っていうカクテルはとてもファンキー。試してみたいです。あと、喜一郎のホットケーキも。

いちとら
いちとらさん / 2017年3月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よかった

一回目観たときは内容がよく把握できなかったので、名画座で二回目観た。
一回目よりはわかったが、説明しろと言われれば微妙。

うんこたれぞう
うんこたれぞうさん / 2016年11月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ピンチョン

元彼女が乗る羽根つきオープンカーが通り過ぎて、カンのvitaminCが流れて、タイトルin。トンプソンのラスベガスをぶっとばせとか、テリーギリアムじゃなくて、PTAの方が適役だったんだなと、ブギーナイツ見て感じた思いが更に増した。アメリカ相変わらず偉大だな

pigeyes
pigeyesさん / 2016年8月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今風でないのがかっこいい映画

オールドチックなファッション、映像
すべてがとってもクール!

れんれんあっきー
れんれんあっきーさん / 2016年8月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

クセ者揃い。

役柄も演じる役者も原作者も監督も魅力溢れる異端者ばかりでストーリーは複雑か否か。

E・ロバーツ演じる不動産王失踪がメインかと思えば多種多様なキャラが絡みつつ話は脱線していく。

トマス・ピンチョン挑むべき作家。

60年代後期、サイケデリックな映像に雰囲気が最高で人の良いおとぼけなヒッピー探偵J・フェニックスが愛嬌のあるキャラクターを巧く演じている。

J・ブローリンのアイスキャンデーの場面は卑猥ながらも最高に笑える。

万年 東一
万年 東一さん / 2016年5月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

複雑

いろんなことが絡みすぎて、わかりにくかった。だいだいはわかった。最後に主人公が金よりも親友を助けるのを優先し、元カノとよりを戻した。

素子
素子さん / 2016年4月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ファッションがいい

話はよくわからんが、、
とにかく世界観とファッションがいい。

ホアキンのむんむん醸し出される男臭さとヒッピーバイブスが心地よく、ダメダメなんだけどどこか色気を感じる。
浮世離れした世界と汚い現実を垣間見れ、ちょっとトリップしたような感覚になれる。

余韻が続く映画。

ari
ariさん / 2016年4月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

Over my head

しっかり時代設定に合わせたつくりになっていたのだろうけど、当時を知らない若者には入り込めず……。本を先に読んでみよう。

ちかし
ちかしさん / 2016年4月1日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

Too many creepy characters

I was curious about the hippie period and tried watching it but there were a plenty of mysterious characters , most of all are dopes even the main person " Doc " so it was pretty hard for me to keep up with the story so sometimes went to Wikipedia and checked what we going on right now well I can't give it a good reputation sorry , Enjoy

Bond Showgo
Bond Showgoさん / 2016年3月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

つまらん。

話しがダラダラしてつまらなかった。もっとヒッピーヴァイブスも期待してしていたのに、残念。。。

tachi36
tachi36さん / 2016年2月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

かなり好きな雰囲気

とても好きな雰囲気の映画で、映像や色彩にうっとりでした。
曲者揃いの役者が次々出てきて、特にジョシュ・ブローリンは素晴らしかったです。

ただ、とにかく本編長い。
好きな役者がチョロっと出ておしまい。
これが残念。

アリンコ
アリンコさん / 2016年1月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よくわからない

テンポが悪いような気がした。
話がなかなか入ってこない。

Nana Shinozaki
Nana Shinozakiさん / 2016年1月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

PTAの『三つ数えろ』

このケバケバしいノワールは『ロング・グッドバイ』と同じ匂いがする。そこで思い出すのは『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』の献辞「ロバート・アルトマンに捧ぐ」。ポール・トーマス・アンダーソンは異端児たり続けた師匠の影を追い続けているのだった。グルーヴィ

物語は複雑で明確な結論も避ける。キャラクターやシーンの魅力で興味の持続を保とうとする構成(だと個人的には受け取った)。つまりこれはポール・トーマス・アンダーソンの『三つ数えろ』(もしくは『四つ数えろ』)ということになるんだろう。ただそれなら『ビッグ・リボウスキ』の方が好きかな

『ビッグ・リボウスキ』はコーエン兄弟のコメディ版『三つ数えろ』やけんな

ポール・トーマス・アンダーソンの作品はすべて傑作っていう前提でいうけど『ザ・マスター』以降ちょっと落ちてきよるかな

『インヒアレント・ヴァイス』には鳥肌が立つ画が無い。こんなことポール・トーマス・アンダーソンの今までの作品には考えられなかった。思うに彼には会話劇は向いてないんじゃない?もちろん死ぬほど高いレベルでの話やけど

ヒートこけし
ヒートこけしさん / 2015年12月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

モミアゲフェチ必見

ドラッグとナメナメの両方が好きな人には、中毒になるほどの傑作だと感じられることだろう。
手際よくまとめれば、2時間ちょいで済む話なのに、とにかくテンポが最悪。
キャサリン嬢のパイオツとJ・ブローリンのぶっ飛んだ怪演が唯一の救いだ。
後は劇中で流れている音楽のセンスがいい、
日本版予告編の出来がいい。

2015年12月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  興奮 難しい 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

え?コメディタッチなん?

予告と本編のかけ離れ方がすごい。え?どこがコメディ?シュールすぎたの?それでも笑える要素がないし、コメディ要素があるがあると思って見るような映画じゃない。

aco
acoさん / 2015年11月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

45件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi