家族の肖像

劇場公開日

  • 予告編を見る
家族の肖像
28%
40%
30%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

イタリアが誇る巨匠ルキノ・ビスコンティが1974年に発表した作品で、ビスコンティ後期の傑作ともうたわれる一作。全編が室内で撮影され、主要な登場人物は5人という限られた空間で繰り広げられるドラマを描いた意欲作。ローマの豪邸にひとり静かに暮らす老教授。その邸宅には、18世紀イギリスで流行した「家族の肖像」という家族の団らんを描いた絵画が飾られている。そこへブルモンティ夫人とその愛人、夫人の娘らが転がり込んでくる。当初は平穏な生活を阻害されたと感じた老教授だったが、次第に彼らに興味を抱き始める。「山猫」のバート・ランカスターが老教授を演じ、ヘルムート・バーガー、シルバーナ・マンガーノら、ビスコンティ作品おなじみの俳優たちが出演。脚本にも「山猫」「ルートヴィヒ」のスーゾ・チェッキ・ダミーコが名を連ねる。日本では78年に初公開され、日本アカデミー賞最優秀外国作品賞やキネマ旬報外国語映画ベスト・テン1位など多数の映画賞を受賞。2017年2月、デジタル修復版で39年ぶりに公開される。

1974年製作/121分/イタリア・フランス合作
原題:Gruppo di famiglia in un interno
配給:ザジフィルムズ
日本初公開:1978年11月25日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)Minerva Pictures

映画レビュー

4.0孤独と静寂の終わり

sankouさん
2020年2月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
sankou

3.0バッドエンド野いちご(ベルイマン)?

さん
2020年1月10日
iPhoneアプリから投稿

場面展開が少なく、台詞が面白い、村上春樹の小説みたいな映画。ずっと同じ家の中だけど画も綺麗で特に飽きません。

この監督観たのこれで3作目なんですが美少年への思い入れがヤバくないですか?並々ならぬものを感じる

話は途中のハッピーなお食事会で終わればだいたい野いちごだった。正直あそこで終わってよかった。(若者の全てもシモーヌはお祝い会に来なくてよかったと思います。)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
の

3.5沈黙は非なり

ひろちさん
2018年6月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

政治の根本は恐怖であり、民主主義でも決定は多数決により、少数派は多数派を恐れて口を塞ぐ。王族や特権を持つ者から、人民による横暴に変わったに過ぎない。数の理論の前に道徳は失われ、少数派は武力で多数派に対抗せざるを得ない。テロリストは、そう言うのではないか。少数派の過激な主張の前に、多数派が声を上げられない世の中になってしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひろち

5.0伯爵夫人ラブ🖤

きりんさん
2018年6月10日
Androidアプリから投稿

ふたつ、言葉が印象に残った。

ラストシーン、死の床で教授が気づくのは
"これが家族。これが一緒に生きていく形だった"ということ。

そしてもうひとつ、
"死んだって何も変わりはしない"と喝破した伯爵夫人。
(若者コンラッドのピストル自殺を受けて)。

このふたつの言葉は、まぎれもなくあのクサヴィエ・ドラン「たかが世界の終わり」の予言だ。
舞台のそでに誰が退場しようとも、家族という怪物はびくともしないという強烈さ。

絶望と笑いがきしみ音を立てながら同居する世界。

かつての巨匠ヴィスコンティと新星ドランがこうして地下茎で繋がっているのを知るのは、非常に面白い。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きりん
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る