「よくありそうな題材なのに」アバウト・タイム 愛おしい時間について バステトさんの映画レビュー(感想・評価)

アバウト・タイム 愛おしい時間について

劇場公開日 2014年9月27日
全334件中、193件目を表示
  •  
映画レビューを書く

よくありそうな題材なのに

タイムトラベルできる、というよくありそうなSF題材だけど、SFをそんな感じず、ヒューマンドラマの性質が強かった。

イギリス映画だよね?
なんか繊細だな〜って感じた。
描写や、人の心情だったり…繊細。

メアリーとの出会いもほっこりしたなあ。
お父さんとの関係、会話もすごい癒された。
奥さんとの家族の幸せをとるか、
お父さんとの関係をとるか、
その葛藤や、お父さんとの最後もすごいよかったなー。
大切な人を亡くした人は、このタイムトラベルの力があったら…って考えるだろうな。
自分も考えた。
いいよね。あったら。

ティムのお母さんの言葉のセンスがいい。
「この子(ティム)が生まれた時はチンパンジーそっくりで、近くに動物園がなくて安心したわ」って言葉、普通に笑った。

とにかく、細やかで繊細で大切に観たい映画だなあーと思いました。

バステト
さん / 2015年6月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報