劇場公開日 2014年8月30日

  • 予告編を見る

物語る私たちのレビュー・感想・評価

3.611
19%
54%
22%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全11件を表示

1.0物語るわたしたち

2016年11月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

難しい

 複数の人たちへのインタビューが、かわるがわる、ときに人によって矛盾した内容のものが流れ、正直、こっちの頭の中で整理するのに疲れてしまった。で、途中で眠ってしまった。
 集中して観ることが出来たなら、このフィルムは面白かったのかもしれないけど、別に出生の秘密自体には格段の興味をそそられるわけでもなく、編集の苦労だけがこちらには伝わってきた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よしただ

4.0ハイセンス

barboyanさん
2015年12月20日
iPhoneアプリから投稿

開けっぴろげでハイテンションな母が墓場まで持って行った秘密。
観る前は母親の秘密を暴く悪趣味な内容かも…とちょっと不安だったけど、全く違った。
編集も演出も映像もセンスが良くて、不思議と爽やかな感じで観終わった。
家族間の信頼関係が成せる業。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
barboyan

3.0語り方は、生き方そのもの。

2015年5月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
夢見る電気羊

4.5物語る家族愛。

ハチコさん
2015年1月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

悲しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ハチコ

3.5知らぬが花、と言う言葉もある…

2014年12月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

知的

女優サラ・ポーリーによる、どのご家庭にもある「家族の秘密」を追うドキュメント。

家族、関係者に「自分の視点で語って!」と言う前提でのヒアリングの数々と、再現フィルムを重ねた作風が目新しかった一本。

ただ、秘密は秘密のままでも良いのかな、と…
思わずにはいられなかったり!涙

事実は小説より奇なれども…

寝る子を起こして幸せな結果が出るのは、ごく一部なんだな…と噛み締める作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
レビューも書かない阿呆からのフォローは迷惑千万、好きこそモノのヘタレなれ

5.0多角的な事実とたったひとつの真実、あるいはその逆

だいずさん
2014年12月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

知的

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
だいず

4.5母への感謝

ミカさん
2014年10月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミカ

4.0人生を愛すること

Aoさん
2014年10月1日
iPhoneアプリから投稿

幸せ

まず、この話を「映画」にしようと思ったサラが素敵。
こういうテーマって湿っぽくなったり感動的に仕立て上げられてしまうことが多そうだけれど、こんなに優しく、あたたかく、遊び心があって、キラキラした映画に出来るのは、彼女のセンスだからこそ。
サラ・ポーリーの作品が以前から大好きだったけど、この作品で彼女の人間性や家族まで大好きになってしまった。
静かに挟まれる音楽も心地いい。
事実は小説より奇なり って言うけど、本当だ。だから人間って面白い。

またDVDが出たら部屋でゆっくり観たいな…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Ao

5.0『ドーン・オブ・ザ・デッド』等で有名なカナダの女優サラ・ポーリーが...

よねさん
2014年9月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よね

4.0知らない人のよその国のよその家のはなし、のはずが…

gatoさん
2014年9月26日
Androidアプリから投稿

泣ける

笑える

知的

サラ・ポーリーとは誰かしらというくらいの空気で見たこの映画。

みんななんてフランクなのかしら。なんでもしゃべってしまうわ。でもちっともずけずけしすぎていないし、不愉快なシーンがない。
信頼関係が見えてくるよう。

お父さんの語りの声がなんとも言えないほどやさしくて深い声であるし、読み上げる文章がまた魅力的だ。

再現ドラマの役者たちはどうやって選ばれたのだろう…?
撮影秘話もぜひ聞いてみたい。サラ・ポーリーっていったい何者?と気になって、なにやらわくわくしてしまいます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
gato

4.0もし、大人になった今、実は自分だけ父親が違う事を知ったらどうする?

2014年9月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

幸せ

サラ・ポーリーの父親探しのセルフドキュメンタリー。

母、ダイアンはサラが11歳の時に若くして亡くなっている。
小さい頃から兄、姉にサラだけ似てないとからかわれていた。
父、マイケルはサラにたっぷりの愛情を注いで2人の絆は強かった。

ダイアンの印象は語る人達によって少しづつ異なるけど、タペストリーを紡いでいくように観ている私達にもダイアン像が浮かび上がってくる。

そして、意外にもあっさりと本当の父親が見つかる。

実の父はサラの存在を知りつつ、ダイアンの家庭を壊さないように身を引き、ダイアンは秘密をマイケルや子供たちに話さず、墓まで持っていった。

実の父親との再会を喜ぶ反面、育ての父、マイケルにどう伝えようか悩み、苦悩するサラ。

家庭や子供たちの事をとても大切にするけど、奔放で恋多きダイアン。
そんな彼女が見えてくる。

育ての父、マイケルと実の父親の両方のサラに対する愛情を強く感じる。

一見、悲劇になりそうなテーマだけど、明るく喜劇にし柔らかい感動を与えたサラの手腕が素晴らしい作品!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
mekaposiya
「物語る私たち」の作品トップへ