家族ゲーム

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
家族ゲーム
家族ゲーム
19%
56%
19%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

松田優作扮する三流大学の7年生という風変わりな家庭教師が、高校受験生を鍛え上げる様をコミカルに描く。音楽なしの誇張された効果音、テーブルに横一列に並び食事をするという演劇的な画面設計など、新しい表現が評判となった森田演出が冴えるホーム・コメディの傑作。

1983年製作/106分/日本

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第7回 日本アカデミー賞(1984年)

ノミネート

作品賞  
監督賞 森田芳光
脚本賞 森田芳光
主演男優賞 松田優作
助演男優賞 伊丹十三
助演女優賞 由紀さおり
新人俳優賞 宮川一朗太
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)1983 日活/東宝

映画レビュー

4.0松田優作主演の異色作

2019年12月7日
Androidアプリから投稿

ハードボイルド以外のジャンルで松田優作が主演した異色作。皆が真面目に演じている中での笑いが、とても心地良い。この映画独特の一直線に並んで食べる食事シーンが、強く印象に残る。映画史に残る名作、必見の作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ミネルバ250

4.5家族という役を演じるロールプレイング・ゲーム

あき240さん
2019年9月16日
Androidアプリから投稿

みんな人として向かい合わない家族の姿
もちろんそれをあのテーブルが映像で表現している
半熟の目玉焼きを吸う父親、それは未だに母乳を吸う代償行為をする幼児性の表現だ
これも冒頭で見せる
しかも吸えなければそれを妻に非難するのだ
バット殺人事件を恐れ息子の反抗という通過儀礼から逃げ、それを正面から受け止める父親の役割を家庭教師を雇い金で解決を得ようとする

その家庭教師を自分の代わりに学校に行かせる母親
彼女は子供にも近隣の主婦にも優しいようで実は自分のことだけが大事なのだ
車の中でもっと遅く産めば良かったと、二人だけの新婚生活を楽しみかったといい子供のことは実は邪魔だと思っているのだ

この母親は戸川純が演じる同じ団地の精神不安定な主婦から、もっと人に共感できる心を持つべきだとなじられる
そして椅子を動かして向かい合わせで座りこの家のテーブルの異常さを暴露する

この夫婦は、夫婦の会話を家庭ではしない
外の車の中で済まそうとするのだ
団地の家が狭いからだけではない
ラストシーンに映る二人の寝室を持つにもかかわらずそうする
家庭を拒否しているのだ
父親と母親では有るが、まだその自覚がないのだ
子供が実は邪魔なのだ

それでも仕方なく家族を演じるロールプレイング・ゲームをしているのだ
それがタイトルの意味だ

それでも母親の愛情を取り合う子供達
兄はレコードのやり取りで愛情を確かめようとするが弟が帰宅するとそれを共有しようとせずに席を立つ

弟は成績が良くなると気分を悪くするやつがいるというが、それは実はクラスメートではなく兄のことだ
兄は弟が両親の関心を集めればやる気を失う
親を心配させて関心を集めたいのだ
冒頭で弟がやる気を出せないのは同じ理由だ
兄弟で助け合うとか励ますとかの発想がそもそも欠落している
兄弟もまた両親と同じく兄弟というロールプレイング・ゲームを演じているのだ

弟は母が来客中であっても、そこに急に電話が鳴り出しても、自分の話を聞いてくれと駄々をこねる
その上、来客の前で着替えて裸になって追い返そうとする幼児性をみせる
鉄球のジェットコースターのおもちゃもその幼児性を表現している
これで中学三年なのだ

舞台はまだ工場や倉庫あとは空き地だらけの頃の晴海の埋め立て地
この土地は生活実態を感じさせない
そこに家庭教師は水上バスで竹芝桟橋から通う
つまり普通の家庭が住むところとは別世界だという映像表現だ

家庭教師の住む部屋には花もあり、恋人がいて彼とイチャつく安らぎがある
背景には水槽の泡の水音がしており無言であっても潤いのある生活があることを示す
これも沼田家との対比をなすものなのだ

松田優作が演じる家庭教師
彼は結局父親と母親の両方の役割を果たす

弟は成長し成績は上がり、クラスメートから告白され、土屋にはケンカで勝ち、ついには志望校合格という奇跡を起こす

彼はこのゲームを演じている家族を救いに降臨したキリストということなのだ
だから頬を打たれるシーンが有るわけだ

そうして合格祝勝会は最後の晩餐を模すわけだ
最後の晩餐の席でキリストはこの場に裏切り者がいると言う
それは誰か?
本作では家族全員なのだ
それで神である彼は家族を罰し、その象徴であるテーブルをひっくり返すのだ
彼が去ったあとに残された偽りの家族は初めてバケツを中心に片付けを協同して行うのだ

ではラストシーンのヘリコプターは何か
救世主は去り戻らない
天空に舞うのは雷鳴でも神の子の降臨を伝える天使でもない
救世主に去られたこの家族は結局家族の意味がないことを知ってしまったのだ
眠っているのも死んでいるのも変わりはしないのだ
父の姿はない
はじめからいないのと同じなのだ

この家族は私達の写し鏡だ
戦後の核家族は大なり小なり似たようなものだ
本当に家族一人一人に向き合っているのだろうか
それを問うているのだ
自分は本当に親であったのだろうか?
汗がでる思いだ

この兄弟は団塊ジュニアの走りになる
21世紀の今日、この兄弟は本作の両親の年代よりも年配になっている
今では単身赴任も当たり前の世の中になっている
彼らは、私達は、あなたは、本作のような家族ゲームをまた再演してはいないだろうか?
というよりこの家族の異常性すら、どこが異常なのか感じとれもしなくなってはいないだろうか

遂にはさらにバラバラになって個となり、結婚すらせずに家族をもたないものも、この世代になると多いのだ
いやひょっとすると、いまだにあの子供部屋にいるのかも知れない
エンドレスで家族ゲームを演じ続けている人すらいるかもしれないのだ

本作は戦後の核家族の実相を描いただけでなく、予言にまでなっているのかも知れない

この森田芳光監督の見事な演出
松田優作の怪演

数々の映画賞を総なめにするはずだ

奇しくも同じ1983年初夏に公開された映画に、市川崑監督の細雪がある
その作品は反発しあいながらも互いに気遣う本当の家族の物語だ
戦前と戦後の二つの家族の姿
偶然にしても見事な対称をなしている

映画の神の見えざる手による必然なのだろうか

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
あき240

4.0松田優作がすべて

kossyさん
2019年6月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 城南大学なんだから・・・最後はそこに落ち着くのか。とにかく最後の晩餐のシーンは凄かった。松田優作ってのはこういった長回しのパートが得意なんだろうなぁ。

 教育問題的には校内暴力が目立っていた頃で、バット殺人など家族の絆が取り沙汰されるバブル前夜の時期だ。スパルタ教育も戸塚ヨットスクールのニュースが毎日流れていたように記憶している。家庭教師の松田優作は、植物図鑑をいつも携えていて、勉強なんて教えない。なにしろ「奥の細道」さえロクに読めない大学生で、ビンタをかまし、恐怖で生徒を押さえつけるタイプなのだ。

 ストーリーよりも、淡々とした家族生活をシュールに描き、いつ何が起こってもおかしくない家族。ATGだということもあり、低予算を逆手にとったイメージ。最近の森田監督映画はひどいもんだけど、初心に帰って良作を作ってもらいたいものです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.5今見るとコメディなのか社会風刺なのか分からんが

2019年5月11日
iPhoneアプリから投稿

何故か魅入ってしまう魅力はある

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マルボロマン
すべての映画レビューを見る(全19件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る