チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像のレビュー・感想・評価

チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像

劇場公開日 2014年3月29日
37件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

ドラマ版完結!

これはテレビドラマ版の映画で、
映画シリーズの竹内&阿部コンビとは全く別物です。
テレビドラマを一気見した流れで映画も鑑賞。

テレビドラマは一気見できるぐらい面白かったですが、映画になったことで、簡潔なかんじになっちゃって、いつものグッチー白鳥コンビの推理、やりとりが少なくて残念。
でもドラマシリーズの面々が出てて、ドラマファンには楽しいかもしれないです。速水先生最高。

ろこた
ろこたさん / 2017年8月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なぜ主演が変わった

映画版はやはり阿部寛と竹内結子のコンビがいいな〜

おのもん
おのもんさん / 2017年6月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

命を無駄にするな! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

このシリーズ映画しか見てなくて…
突然竹内結子&阿部寛チームから伊藤&仲村トオルチームになってしまい少しだけ残念。
でも、仲村トオルが鉗子の手術を見て見ぬ振りしたところで、きちんと謝っていたところは胸を打たれました。遺族的には今更謝ってもらってもって感じかもしれませんが、ね。
薬と厚生省と医者と患者と副作用の問題って訴訟の報道でチョイチョイ聞くきがしますね。
なかなか直面しないからニュースでしか知るすべがないけれど…
竹内結子&仲村トオルでも良かったかも!笑
取り敢えずの出演者の流れは理解しましたが、展開は読めなかったので観るには良かったです。松坂桃李も西島秀俊も良かったですね。
西島と堺雅人どちらも適任ですね。
最後のシーンで伊藤が桐谷に、命を無駄にするな。
生きたくても生きられない人が大勢いるんだ!
これこそドクター冥利につきる言葉ですね。
腐った社会人だから週末にバチスタシリーズを観て本当に良かったです。

みきねこ
みきねこさん / 2017年1月8日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 知的 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

●小説向きかもしれないね。

シリーズ初見。なんとなく犯人の想像はつくけれど、ラストは畳み掛ける。ここも予想はつくけれど、そこまでとはね。
有森也実ひさしぶり。仲村トオルの仕草にシビれる。豪華俳優陣が期待通りの活躍。
医療現場の苦悩。患者の被害者意識。すみれ先生刮目は、なんかよかった気がする。

うり坊033
うり坊033さん / 2016年12月19日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

白衣のボタンは閉めようね

TV版があったことも知らず、竹内結子さんが出ている作品とばかり思っていたら…、あら全然違う?(-_-;)

とにかく列挙しきれないほどあり得ないことばかり。

薬の副作用・術後の合併症といった、医療での線引きの難しさは描けていたように思います。

everglaze
everglazeさん / 2016年10月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今一つだったよ、ぐっちー

海堂尊のベストセラーシリーズの映画化だが、竹内結子&阿部寛コンビの第3作目ではなく、伊藤淳史&仲村トオルコンビのTVドラマの劇場版。何かちとややこしい…。
TVドラマ版は見てなかったが、竹内&阿部コンビを見ていたので、一応の設定は把握出来た。

国、自治体、東城医大による死因究明システムの大改革、国際Aiセンターのオープンが迫る中、9人の医療関係者の集団不審死事件が発生。さらに、Aiセンターを爆破するという脅迫状が届き…。

二つの事件に、ある薬害隠蔽と白鳥の忌まわしい過去が絡む。
医療ミステリーとして面白味充分だが、何だろ、演出が悪いのか、今一つ弾けない。
絡めたエピソードが見事に交錯とはならず、話が散漫し、何か一本筋を通して欲しかった。
本来実力ある筈のキャストたちのオーバー演技、何故か病院外の事件の捜査をする田口と白鳥、誰がTVドラマからの続投で誰が劇場版の新参加か…などパッとしない点が目立ち、設定や内容は良くても最後まで面白かったとまでは至らず。

犯人の傲慢が事件の真相だった「チーム・バチスタ~」「ジェネラル・ルージュ~」と違って、薬害被害者や今回の犯人の悲しみが描かれているのはいい。(犯人の犯行はもはや暴挙で絶対に許されるものではないが)
時にはリスクが伴う医療の難しさ。
医療の技術は間違いなく進歩しているが、まだまだ難題はある事を考えさせられる。

…でもこれを、竹内&阿部の中村義洋監督の映画シリーズで見たかったというのはやっぱり非道か。

近大
近大さん / 2016年9月25日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える 悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

情報システムの重要性をますまづ知った

情報システムの重要性をますまづ知った

Yoshi
Yoshiさん / 2015年10月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

犯人すぐわかってしまう ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

地上波にて。
うーーん、内容薄いなあと思いました
桐谷美玲さんの役は登場から怪しくて
ミステリーとしては秀逸じゃなかったなあという印象です。

こしゆき
こしゆきさん / 2015年8月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大衆向け娯楽作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

総合60点 ( ストーリー:50点|キャスト:60点|演出:60点|ビジュアル:70点|音楽:65点 )

 戦車に乗って登場したり、ひどい発音の中途半端な英語でわざとらしい登場をするアメリカ帰りの教授がいたり。前作に引き続いて、人の生命を扱う話なのに演出が軽くてくだらない。
 人を上手く操って特定の日に家に集めて、重水を入れ替えて地下に閉じ込める。病院のシステムに潜入し自分の計画に沿って自由に操る。そんなことは机上では出来たとしても実際に実行するのは大変だけど、それを実行できる犯人像というのが長年母親の介護をしていた記者一人というのには全く説得力が無い。犯人側を追い詰める推理も中途半端だし、犯罪作品という意味ではたいしたことはない。
 薬の認可と副作用で苦しむ人々という主題はいいのだが、その描き方が軽薄だし強引。『ケルベロスの肖像』という大仰な題名といい、無理な犯罪を絡めてくる展開といい、深刻な作品というよりは大衆受けを狙った娯楽作品という点では前作と代り映えしない。そしてこのような路線は映画として質が高いとは思わない。前作を見た時点でもう次は観るのはやめようと思っていたのに思わず観てしまったが、やはり自分の趣味には合うものではなかった。

Cape God
Cape Godさん / 2015年6月13日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

復活

仲村トオルさんこのシリーズは最高でした。

満点パパ
満点パパさん / 2015年5月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一番の見せ場は戦車に乗るグッチー(笑)

映画評価:40点

チームバチスタドラマシリーズのファンです。
今作では、今までのシリーズに登場した面々が見れるというファンサービスが用意されています。

当時は俳優として知名度の低かった松坂桃李なんかも、今では自身の人気上昇に比例してキーパーソンに抜擢される等楽しめました。

ただ、ドラマシリーズでは良いしつこさのあったグダグダ捜査も、2時間映画になると推理がアッサリしてしまい微妙に。

更にファンサービスもあったりしたので詰め込みすぎて、一番犯人ぽい人が犯人でした。

なんか期待していただけにガッカリしちゃいました。

普通に楽しむぶんには面白いと思いますので、完結編といわず、また次回作期待しております。

【2015.5.10鑑賞】

ヨコタス@名作探検家
ヨコタス@名作探検家さん / 2015年5月10日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おもしろくはないよね。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「チームバチスタ FINAL ケルベロスの肖像」見ました。
仲村トオルと伊藤淳史の大袈裟演技はドラマからの引き続きといったところ。話しの中のミステリー要素はかなり薄めで、どの疑惑をなか掻い摘んでも無理やり感は否めない。結論は、超絶つまらない。ただ、ラストのあの寂しい感じの作りは映画化ならではの工夫を感じたし、ドラマから見ている人にとってはサプライズとなったと思う。

まずやっぱり言いたいのは、厚生労働省の役人と医師が事件を追うことの必然性。ドラマ版では100歩譲って院内の事件だから良しとしても、今回の事件は外部で起きた超凶悪事件。これを彼らが追うのは、いささか無理がある。生瀬勝久に難癖つけて犯人に仕立てようとする場面も、あの理屈は誰がどう見てもないと思いますよ。あー、適当に考えてんだな、と思わざるを得ない。生瀬勝久を含めて、松坂桃李も桐谷美玲も怪しいっちゃ怪しいよ。でも、こいつ犯人かも...という所まで疑うことが出来ない。こんな面白くなくてハラハラしないなんてサスペンスとして成立してない。総じてキャラクターが薄いからなのか、どいつもこいつもどーでも良すぎてしゃーない。

あとは犯人。勝手に捕まりに来ますからね。この作りは「踊る大捜査線」でもありましたが、もっと正義側を引っ掻き回してくれないと。

ぶっちゃけ少しも面白くないです。長々と続いたチームバチスタの終わりがこれかと思うと、かなり寂しいです。

三遊亭大ピンチ
三遊亭大ピンチさん / 2015年4月25日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

医療サスペンスと言うことで。 原作が素晴らしいのが伝わります。現役...

医療サスペンスと言うことで。
原作が素晴らしいのが伝わります。現役医師ですよね?海堂さん。
こーいうのって大抵、水とか酸素とか、証拠が残らない、無害と思われるものが死因になってるパターンが多いっすよね笑
まあ、そうなるのは凝れば必然なんだろうけど。トリックで驚かすのはやっぱり寿命を縮めますよねー作家の。
そうとう捻って絞らなきゃいけないですからね。尊敬です。

これのドラマ観てなかったので、ポカーンな所もありましたが、まあ気にせず見れました。
全く、これの知識が皆無だと、厳しいかな…

VANeRop
VANeRopさん / 2015年4月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

それなりには ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ドラマを見ていたのでそれなりには、楽しめたと思う。

犯人の背景とかいろいろすぐに予測できたのが残念。もっと、犯人との絡みとかあっても良かった気がする。

walkindude
walkindudeさん / 2015年3月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画とドラマの違い

海堂尊原作の「田口・白鳥シリーズ」を映画化。
これまで映画化された同シリーズでは、中村義洋監督が手がけ、竹内結子と阿部寛のコンビだったが、本作は、伊藤淳史と仲村トオルのコンビによるドラマ版の続編として製作されている。

ドラマは数回しか見た事なく、田口が伊藤淳史、白鳥が仲村トオルという程度は理解できるが、例えば「Ai」についてはドラマからの流れを理解できないと、映画だけではもう一つ分からない。

2時間程度に収める映画としての整理も、あまり上手くいってない。
その代表例が、ドラマで登場している白鳥と桜宮すみれ(栗山千明)の確執のエピソードだ。この映画では、それをすべて削ったとしても、Aiと薬剤問題の本筋は十分に成立するはず。逆にこのエピソードを挿入した事で、ドラマを理解していない人間には難解さが生まれる。ここは、ちゃんと整理すべきだった。

本作を映画にする必要性を感じられない。ドラマのスペシャル枠で十分だったはずだ。映画化するなら、もう少し映画スケールに仕上げるべき。わざわざ劇場に足を運び、金を使い、2時間も狭い席に座って拘束される映画館で観る観客と、自宅で見ながら適度にCMが入って休息できるドラマは、やはり作り方そのものが違うべきなのだ。しかし、本作の製作陣にそれが理解できているとは思えない。
本作を見れば「映画と2時間ドラマは何が違うのか?」という疑問が分かりやすく理解できるのは皮肉である。

CRAFT BOX
CRAFT BOXさん / 2014年11月25日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今回は毛色が違う ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

これまでの謎解き秘密暴き重視とは毛色が違うが面白い。ただ、犯人がどこでハッキング技術を身につけたのか、まったく信憑性がない。なんで何のフォローもしなかったのか。

佐ぶ
佐ぶさん / 2014年11月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

バチスタの特徴というか ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

犯人が一人でないというか、怪しい人が何人も出てきて最初の目的を見失うから観ててちょっとキツイ…ドラマ版では松坂くん気にならなかったけどかっこよくなってた。西島さん、モズのためかムキムキで、そこが気になった。帰ってきたバチスタすればいいのに^_^

(66)
(66)さん / 2014年8月29日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これで最後は、寂しい。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

まあ大好きな白鳥&グッチーコンビを映画で見れたんで・・・それはそれで楽しかったんですが。

事件的には、そんなに複雑でもなく、犯人も意外性もなく・・・ちょっと残念。

なんせ、病院のシ○テ○が単純に乗っ取られ過ぎ~!!

GONNOSUKE
GONNOSUKEさん / 2014年5月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かった‥‥けど ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

面白かったし、西島さん&仲村さんはかっこいかった(/ω\*)

ストーリーはテレビ見てない人はなぜ?、っていうシーンが多々。
原作読んでたので、なんとなく分かった感じ。
白鳥役は原作のがいいんだけれど‥‥。

あと、犯人役はもうちょっと演技上手い人じゃないと...(笑)
あまりにもストーリーに絡むのだけど、演技が不自然ですぐ犯人てわかるしヽ(`Д´)ノ

あとあと、白鳥さんの過去みたいのも出てきて、飄々キャラが崩れるのも個人的には残念でした‥‥(ノД`)

まりあんぬ
まりあんぬさん / 2014年5月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  泣ける 笑える 単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

レンタルでどうぞ。

ほんとに薄い映画でした。
若い俳優、女優陣の演技が拍車をかけます。
それにしても、なんで仲村トオルって大根役者なのにこんなに重要な役ができるんだろう。レンタルでももったいないけど、どーしても観たい人はレンタルでどうぞ。

快晴
快晴さん / 2014年4月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

37件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi