劇場公開日 2016年7月16日

  • 予告編を見る

ファインディング・ドリーのレビュー・感想・評価

3.6237
17%
55%
25%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全237件中、1~20件目を表示

4.0ニモとは反対のストーリー

shionさん
2019年10月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

単純

幸せ

日本語吹き替え版にて鑑賞。
ファインディング・ニモは逸れた子をお父さんが探しに行く話だったが、ファインディング・ドリーは逸れた子が親を探す話になっている。
ファインディング・ニモの時はあまり感じなかったが、この作品を見て、ファインディング・ニモシリーズは多様性をテーマにしているのだと気付いた。
人間でいう発達障害のようなドリー。
それを暖かく受け入れてくれる家族。認めてくれる仲間たち。
周りと違ってもいい。
自分にしか出来ないことがある。
思わず涙。
館内放送で、「こんにちは。八代亜紀です。」だけが違和感。え?アメリカじゃないの?
英語版で見たら違うと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shion

3.5吹いた笑笑

担々麺さん
2019年4月12日
iPhoneアプリから投稿

本当に突然の八代亜紀wwwwwwwww

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
担々麺

5.0タコさん

Y&Mさん
2019年1月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

幸せ

あのタコさん面白過ぎる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Y&M

3.0 13年経ってからの続編。幼い頃から忘れっぽいドリーのエピソードが...

kossyさん
2018年11月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 13年経ってからの続編。幼い頃から忘れっぽいドリーのエピソードが何となく可哀そう。年齢によるボケでも認知症でもなかったんですね。
 シガニー・ウィーヴァーに呼ばれて海洋生物研究所に捕まったドリー。タコのハンクと知り合った彼女は色んな魚たちから情報を得る・・・てな感じ。

 なぜだか水槽の中よりも、圧倒的に陸上が多い展開。あり得ない映像ばかりで、やがて眠くなってくる。さすがに両親と再会したときは感動!でしたが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

2.0胸ヤケ

2018年10月6日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

とにかくドリーの忘れっぽさに切なさや面白さよりもイライラさせられる上に、前作と同じような流れの話を終始ドタバタで見せられるため胸ヤケする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
美味しくって体に良いハンドソープ

3.5自由っていいな

2018年8月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ドリー少しイラッとするところもあるけど、考えないところが羨ましくもある。水族館出てきたの良かった(*゚∀゚)映像がキレイ(*^□^)そしてホロッと涙が…(´•ω•̥`)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
☆ユウ☆

4.5ファイティング・ハンク

yonda?さん
2018年8月3日
iPhoneアプリから投稿

登場キャラではジンベエザメのディスティニーとタコのハンクが好き。字幕版でみてから吹き替えも観ました。八代亜紀推しなのは謎。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
yonda?

3.0子供向け

Cape Godさん
2018年7月21日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

総合55点 ( ストーリー:40点|キャスト:50点|演出:65点|ビジュアル:80点|音楽:65点 )

 「ファインディング・ニモ」同様に子供向けの楽しい話。しかし主人公の物忘れが激しすぎて観ていていらつく。空を飛んだりトラックを盗んだりとニモ以上に話がなんでもありなのも強引に感じた。そんなことをいちいち思う大人向けではないということ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God

0.5ドリーは痴呆症 声はババァ 声優もババァ

2018年7月21日
スマートフォンから投稿

寝られる

ドリーが痴呆症過ぎて終始イライラさせられる。ちなみにドリーの声がとてもババァで、痴呆症キャラとはマッチしてました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ハンバーグと栗ご飯

4.0これだけは忘れない

2018年7月20日
Androidアプリから投稿

タコには心臓が3つある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
タウンマーチ

3.5障害があっても愛があれば

everglazeさん
2018年7月19日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
everglaze

4.5とても分かりやすく綺麗な映画です

やまはさん
2018年7月12日
iPhoneアプリから投稿

泣ける

楽しい

幸せ

テーマは前作から引き継いで「家族」だと思います。
家族のために冒険して再会を果たすメインテーマですが、もう一つテーマがあるとしたら「障害者」についてでしょう。

ドリーの物覚えが悪くすぐに忘れるのは短期記憶障害でしょう。

そして片方のヒレが小さいニモは身体障害と思いますが人間ではなく魚を題材にする事で凄くオブラートに包んで見やすかったです。

また作中出てくるクジラも視力が弱いなど障害を持った魚たちが克服してやれば出来るというテーマを感じさせられます。

映像も綺麗で流石はピクサー。
内容も子供も大人もどちらも見て楽しめるかと思います。
終盤のカーチェイスは流石はアメリカといったところでしょうかw
日本人的な考えだと違う展開にして欲しかったです

ピクサー映画は一貫して子どもが楽しめるかつ何か大人達に語りかけてるようなイメージがあります。だからそこらの子供向け映画にはない面白さがありますね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
やまは

3.0ニモほどは、おもしろくなかったけど、まぁまぁ♩

tomoさん
2018年7月8日
iPhoneアプリから投稿

ニモほどは、おもしろくなかったけど、まぁまぁ♩

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tomo

3.0ドリーがぼけすぎてて鬱陶しかったしイライラした。 タコがかっこよか...

2018年6月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

ドリーがぼけすぎてて鬱陶しかったしイライラした。
タコがかっこよかった。
少し良い話だった。
チャンチャン

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
かぼはる

4.0ドリーの魅力

rakoponさん
2018年6月24日
iPhoneアプリから投稿

地上波録画で鑑賞。

赤ちゃんドリーの目のデカさが気になりつつ、やっぱり可愛い。
ドリーは正直最初は面倒くさいと思っちゃったけど、彼女ならでは発想力で問題を乗り越える姿は、素直に感動した。

動物たちの特徴を捉えたキャラ設定も面白く、みんな愛らしい!

一生懸命なドリー可愛くて大好き!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
rakopon

4.0面白かった~!

2018年6月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

幸せ

萌える

楽しい

映画館でも見て、2回目です。すごーく、映像がきれいで、出てくる登場人物が、面白くてかわいくてとても魅力的です。以前のニモも見た人なら、ニモにも会えるしその時のキャラクターにも会えます!他にも研究所のMCさんとか‼楽しいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
キャンディちゃん☆

5.0貝殻を辿るシーンで涙 ハンクに夢中になった

ゆいさん
2018年6月22日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ゆい

3.0映像が好き

ありささん
2018年5月31日
Androidアプリから投稿

ディズニー映画は色彩豊かでわくわくします。
この映画も映像が綺麗でした。
そして個性豊かなキャラクターたち。

ただドリーの忘れっぽい性格に少しイライラしてしまう所も正直ありました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ありさ

4.0やはりピクサーはいいね 前作から大分経ってはいたがなかなか楽しめる...

テツさん
2018年5月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
テツ

4.0ニモより好き

もにかさん
2018年4月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

幸せ

メッセージ性強い。
ストーリーが単純であるがとても感動あり面白味もある。これは余談ですが英語がわかりやすいので勉強にもおすすめ

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
もにか
「ファインディング・ドリー」の作品トップへ