フライング・ギロチンのレビュー・感想・評価

フライング・ギロチン

劇場公開日 2013年12月7日
5件を表示 映画レビューを書く

ノー・ギロチン

その昔、「片腕カンフー対空とぶギロチン」というカルト武侠映画があり、ジミー・ウォングも出てるし、その現代版かと思ったら、こりゃ完全なるタイトル詐欺。
だって、空とぶギロチンが出てくるのはOPだけ。
後はクソ真面目な話が延々続き、この手の中国映画お馴染み、時代背景も分からず登場人物の名前も覚えられず。
いや、幾ら何でも最後の最後にはまた空とぶギロチン出てくるだろうと期待したら、ホントに出てこねーでやんの。
そういや途中で一回出てきたけど、敢えなく銃で弾かれる始末…。
後で知った。タイトルの由来が暗殺集団である事に。
監督が「インファナル・アフェア」のアンドリュー・ラウだから、そりゃあシリアス路線になる訳だ。
でもね、どんなにCGがチープでツッコミ所満載でもいいから、あの昔のようなツボを抑えた娯楽武侠映画が見たかったんだよ。

近大
近大さん / 2017年1月21日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

★ クソ面白くもない中国清朝時代の歴史的悲劇。

剣の上でギュルギュルギュルと回転するギロチンを「えい、や〜!」と投げつければ、たちどころに敵の首どころか胴体までも真っ二つに切断してしまう最兇兵器フライング・ギロチン!
だが、B級カンフー映画を感じさせたのは、この冒頭部分だけ。
竜頭蛇尾もいいところ。
その後、一向に飛ぶ気配すらなかったフライング・ギロチンに、こちらのイライラ感は募るばかりでした。

2015年11月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

引き込まれました

ホァン・シャオミン、イーサン・ルアン、ショーン・ユーが出ると聞いたらみるしかありません!!特にシャオミンの神々しい美しさにはただただ圧倒されました。イーサンの熱血ぶりも、ショーンのクールさもすごくよかったです。CGのギロチンにはビックリしましたけど(笑)

らべ
らべさん / 2014年1月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

フライングギロチンもっとみたかった。

面白かったんです。
オープニングのフライングギロチンバトルの格好良さ!
シャキーンシャキーンと変体するギロチンのかっこよさはバツグン!
けど、ここだけであとは鉄砲に替わっちゃうんです。
ギロチンが鉄砲隊まで届かない現実味あふれるネタ展開。
史劇活劇としても面白かっただけに残念な展開でした。

peanuts
peanutsさん / 2013年12月15日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

片腕カンフーも座頭市も出てきません ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

フライング・ギロチンと云うタイトルから思い出されるのは『片腕カンフー対空飛ぶギロチン』でしょう。
ジミー王羽の出演もそれを期待させます。
ですが、片腕カンフーの良い意味でのチープさが全然無く、無駄に壮大な歴史スペクタクルモドキな展開で話は進みます。
アクションも最近定番のマトリクス紛いのものが申し訳程度にある程度で、タイトルになっているフライング・ギロチンの活躍も冒頭位しか有りません。
実際のところ、それ程つまらない内容でもないのですが、このタイトルでコレは無いだろう、という感じです。
『清朝暗殺者集団』とか『天狼』とかいうタイトルだったらこうも違和感は無かったろうなぁ。
ただし、そのタイトルだとそもそも劇場に足を運ばなかっただろうけどね。

ブレイブ
ブレイブさん / 2013年12月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  興奮 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

5件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi