胸騒ぎの恋人

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
胸騒ぎの恋人
19%
51%
24%
5%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

カンヌ国際映画祭で3冠に輝いた「マイ・マザー」で鮮烈なデビューを飾ったカナダの俊英グザビエ・ドランが、同じ男性を好きになった男女の苦悩や駆け引きを独特のタッチでつづった長編第2作。ゲイの青年フランシスとストレートの女性マリーは親友同士だったが、パーティで出会った美青年ニコラに同時に一目ぼれしてしまう。本心とは裏腹にニコラの悪口を言ってみたり、ニコラの思わせぶりな態度に期待を抱いたりと、切ない恋心を募らせていく2人だったが……。ドラン監督自身がフランシス役を、「わたしはロランス」のモニア・ショクリがマリー役を演じる。

2010年製作/102分/カナダ
原題:Les amours imaginaires
配給:ピクチャーズデプト

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2010 MIFILIFILMS INC

映画レビュー

4.0拍手

2020年2月1日
iPhoneアプリから投稿

いいね

ああこの瞬間を写真におさめたい

そんな画が、たくさん。

この瞬間いい。
この瞬間いい。

と心のスクショを何度もする。

色使いもステキ。

そのまんまポスターに出来るような。

そしてこの方の映画は
音楽を、ちゃんと使うね。

音楽で、一気に引っ張り込む。

あとで
音楽だけを聴いても、
シーンが目に浮かぶ。

グザビエさん、憎いね〜
自分で出て、
キメてくる!

ラストの終わり方と
ラストの音楽と
エンドロール流れるタイミングが
気持ち良すぎました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バステト

4.5グザヴィエのセンス

kenさん
2019年9月3日
iPhoneアプリから投稿

彼の映画の中でも大好きな作品。衣装や風景までも計算に入れたような映像。中でも音楽のチョイスがやっぱり最高過ぎ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ken

1.5ハロー大豆

2019年4月16日
iPhoneアプリから投稿

彼の演出にはどこか懐かしさがある。
けれど、扱うテーマは世に掃いて捨てるほどある性の泥ばかり。
いい加減自分の部屋から出て行け。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たろっぺ

4.5アート作品。

2017年10月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

グザヴィエ・ドランの作品は本作がたぶん4作目。
前回は「マイ・マザー」を見てかなり閉鎖的で重い内容であったが、本作は少しポップな雰囲気があった。
ストーリーは三人の男女による複雑な三角関係を描いたもので、グザヴィエ・ドランはまたもゲイの青年を演じている。
ストーリー自体もなかなか鋭い部分をついていて、今まで見たことないような展開だったが、グザヴィエ・ドラン監督の演出がアート性を引き立てていた。特に本作は「わたしはロランス」で見られたような色彩による演出が良かった。照明やカメラワーク、独特の音楽が作品の雰囲気を完璧に演出していたと思う。
彼の作品はたぶん見ただけでグザヴィエ・ドランの作品だとわかるほど、演出のクセがすごい。ただそのクセが悪い方向へ転がらないのが彼のすごいところ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ジンジャー・ベイカー
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る