自由と壁とヒップホップ

劇場公開日

  • 予告編を見る
自由と壁とヒップホップ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

パレスチナのヒップホップ・ムーブメントを取り上げたドキュメンタリー。占領地の検閲所や分離壁といった目に見える分断はもちろんのこと、ジェンダー差別や世代ギャップまで、さまざまな壁を音楽の力によって乗り越えていこうとする若者たちの姿を描く。イスラエル領内パレスチナ人地区で生まれた史上初のパレスチナ人ヒップホップ・グループ「DAM」が、占領や貧困、差別により生きる意味を見出せずにいる若者たちへ向けて言葉を紡ぎ、そんなDAMに刺激を受けた若者たちもまた、ヒップホップを志し、歌うことで失われていた感情が呼び覚まされていく。やがてDAMは各地で活躍するパレスチナ人ヒップホップ・グループを集めてライブを開こうと試みるが……。監督は自身もパレスチナにルーツを持つアラブ系アメリカ人の女性アーティスト、ジャッキー・リーム・サッローム。

2008年製作/94分/パレスチナ・アメリカ合作
原題:Slingshot Hip Hop
配給:シグロ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

映画レビュー

2.5DAM

ssspkkさん
2017年1月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

パレスチナヒップホップ。アラビアンヒップホップといったらペルシャ猫を誰も知らないのテヘランヒップホップしか知らなかったのだけれど、1999年からパレスチナにもしっかりあるという話。公民館のような場所でおじさんおばさんの前でかますガザのグループPRが素晴らしい。イスラエル内部で暮らすDAMよりもずっと過酷。DAMが影響を受けたのは2PAC、ウータン他、PRが最初に聴いたのはエミネムのテープだという。つまりは流通量の差で2PACはガザの手前までは届いたけど、エミネムはガザの中まで届いたということ。やはりエミネムは偉大だ。アラビアン女性ラッパー達もちゃんと出てくる。何より素晴らしいのはビートがちゃんとしてること。ラッパーは扇動家なのでどういう土地でも生まれると思うけれど、ビートを生み出すのは音楽を知ってないと出来ない。ガザにもちゃんとディガーがいるということだ。まぁビートはネット上で外から貰うのかもしれないけれど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ssspkk

4.0誰がテロリスト?

2014年10月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

自分の生温さに嫌になるくらい、熱い想いをもって生きている人たちを感じられる。日本のヒップホップしか知らなくて、あんまり好印象はなかったけれど、アラビアンラップは好きになりそう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
じょにー

4.5とにかく観て欲しい

ミカさん
2014年10月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

知的

中東情勢がイマイチ分からない人でも、人間である以上、込み上げてくる作品。

壁が自由を遮っているパレスチナでは、ヒップホップだけが彼らの自由だ。

「誰がテロリスト?お前がテロリスト。お前が横取りしたんだよ」

略奪者にテロリスト呼ばわりされるご時世。そして、世界を駆け巡る嘘のニュース。

鳴り響く魂の叫びと彼らのライム。

観ないといけない作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミカ

4.5命の叫び、魂の叫び、人間の尊厳がここには溢れている!

2014年4月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

興奮

こんなにも厳しく、過酷で悲惨な現実社会でありながら、そこに生きる人々の苦しみをこれ程までに、共感を持てるように、明るく、力強く描き出した作品を私は嘗て観た事が無い。

この私達が暮している日本から、他の国々の現状へと一度目を向けると、この地球の中では実に様々な相入れない現実の壁があり、それが越えられない問題として大きく横たわり、分裂を引き起こしている事が、この小さな惑星地球を埋め尽くしている事が見えてくる。
宗教、人種、民族、習慣、それぞれの国々の文化や歴史的背景の相違に因る様々な矛盾と対立する価値観の相違から起こる争いの現実があるのだ。

それこそが良く言えば多様性の別の姿と言う事も出来る。しかしその多様性の有る現在の地球の社会では、父系文化がその中心的な価値基準であり、母系社会ではない為に、父系社会の中に於いては常に、自己の属する集団とそれ以外の他者の属する集団との中間では衝突が有り、互いに相容れられない現実の壁が大きく立ちはだかる。
特にイスラエルのパレスチナ地区の問題は深刻で常に、武力に因る闘いが日々繰り返されている。これらのニュースを見聞きすると彼らは特別に暴力的な人種と勘違いする。
だがこの国のこの地域に住む人々こそ、本当の事言えば、誰よりも平和を望み、暴力を肯定している人間などいない筈だ。
だが、現実的には暴力から始まった憎しみは、新たな争いの火種となり暴力の連鎖の鎖は断ち切られる事なく、エンドレスに続いているのが現在の実情なのだ。
しかし、そんな空爆や、銃撃戦や、闘争がエンドレスで繰り返され、何時亡くなるとも分からない明日を信じる事が出来ないこのパレスチナの若者の中から、暴力で訴え、武力で戦うのではなく、音楽に因って互いを理解して行こうと試みる、ヒップホップのリズムに乗せて、自分達の現状を歌に託し、伝えていく音楽に因る平和ムーブメントをしている多くのヒップホップアーティストが多数デビューした。そしてその熱は大きく飛び火し、パレスチナ地区から西の地区へ移動したりしてパレスチナ地区の様々な不便な、検問と言う難関を潜り抜けて繋がって行こうと立ち上がる彼らの姿を観ていると、自然と涙が溢れ出した。
人間とは、どんなに過酷で劣悪な環境に暮していたとしても、必ず自己の世界の平安なる未来を信じて、その平和を実現する方法を自ら模索して希望に生きようとする。
そんな彼らの姿を観るのは本当に美しいし、愛おしくも有り、感動的だった。

かつては東西を分断していたベルリンの壁が崩壊する事など有り得ないと誰もが思っていたが、現実は或る日、突然変化した。
暴力に因らず、音楽に因って世界に平和が訪れる事を夢に観て、日々活動を続けるDAMを始めとするパレスチナやイスラエルのヒップホップ音楽を愛する彼らの長い大きな願いが天に届き世界に平和が訪れる日を願わずにはいられない!
どんなに辛く哀しく、厳しい現実の前でも、非暴力の世界を築く為に、音楽で立派に生きる若い彼らの願いが一日でも早く実現し平和になる事を本当祈らずにはいられない心境にこの作品を観ているとなる。
こんなに厳しい現実の中で生きる人々の生活の中に希望が溢れる、生活が有る事を描いた映画が他に有るだろうか?
否、明日をも生き延びる保証さえない現実の生活を送っているからこそ、高い理想に生きる事が出来るのかもしれない。
これ程までに、若者の崇高さ、人間の尊厳を気高く描いている作品は他には無いだろう!是非観て欲しい作品だ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Ryuu topiann(リュウとぴあん)
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る