「最善を願い、最悪に備える」プリズナーズ ゆきさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

プリズナーズ

劇場公開日 2014年5月3日
全107件中、6件目を表示
  •  
映画レビューを書く

最善を願い、最悪に備える

幸せな時間が流れるはずの感謝祭。小さな田舎町で少女たちが行方を眩ました。進展のない捜査に、父親が自らの手で娘を助け出そうと一線を超える決意をするが。

子供を想う親心。そして家族の動き。
刑事としてのプライド。そして二転、三転する容疑者。
犯人と疑われる青年の動揺。そして見えてくる真実。
150分の中できっちりと伝えきってくれます。

出てくる人が皆何かに囚われてる。まさにプリズナー。
「しょうがなかった」の概念がゆがみます。
骨太なサスペンススリラー作品。観終わった後、グレーな余韻が続きます。

ゆき
さん / 2017年12月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi