「生きづらさというものは人だけではない」猫侍 未佐緒00さんの映画レビュー(ネタバレ)

ホーム > 作品情報 > 映画「猫侍」 > レビュー > 未佐緒00さんのレビュー
メニュー

猫侍

劇場公開日 2014年3月1日
全17件中、13件目を表示
  •  
映画レビューを書く

生きづらさというものは人だけではない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ドラマは全然観ていなかったのですが、映画だけでも十分理解出来る内容でした。
最初はギャグ、癒やし、猫好きの映画と思っていたのですが。
話が進むうちに主人公が浪人になった理由とか、色々とわかってきて奥が深い話だなあと思ってしまいました。
浪人という身分からなんとか抜け出したい、だけど仕官をしようとしても受けつけてもらえない、その理由を知った時には、だったら侍をやめればいいじゃないかと思うのですが。
それができないところが、人間で武士である証みたいなものかなあと思ってしまいました。
猫はのんびりと好き勝手に生きているように見えましたが、雨の中を帰って来る姿に思わず、必死に生きてるな、主人公と同じだなと思ってしまいました。

相川の親分のセリフに本当は、お見通しだったの、思わずにやり。
米沢親分とのやりとりも、楽しかったです。

結局のところ、犬も人も猫も、皆何かしら背負ってるし,悩みもあんだなあと。
ただの癒やし映画だとは思えませんでした。

未佐緒00
さん / 2014年3月10日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 楽しい 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報