「侍に猫」猫侍 近大さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「猫侍」 > レビュー > 近大さんのレビュー
メニュー

猫侍

劇場公開日 2014年3月1日
全17件中、4件目を表示
  •  
映画レビューを書く

侍に猫

斑目久三郎。
寡黙。
強面。
不器用。
剣術の達人。
好きなものは、猫。

人気TVドラマの劇場版で、TVドラマは未見。
TVドラマの続きやその後じゃなく、劇場版は劇場版で一からの話だったのが有り難かった。

何と言っても、侍と猫というアンバランスさが魅力。
愛くるしい白猫、玉之丞に百人斬りと恐れられた久三郎もイチコロ。
濃い厳つい顔のままメロメロになる北村一輝を見ているだけでもクスクス。
猫に小判をもじって“猫に侍”…いや、“侍に猫”と言った方が正しいかな。

普段は寡黙だけど心の声=ナレーションでは饒舌、ツッコミまくり。
終始猫に癒されるユル~い時代劇コメディかと思いきや、話の方も時代劇あるあるを踏まえていた。
犬派猫派で対立するヤクザ一家。
若侍の仇討ち。
曲者の用心棒。
ある理由から“斬れない”主人公。
「座頭市」の映画を一本作れそう。

されど、本作は「猫侍」。
チャンバラはあっても、血や死人も出ない。
ラストは動物で(いや、斎藤洋介で?)一件落着。
犬好きでも猫好きでも、動物好きには悪い奴は居ない。

近大
さん / 2016年7月22日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報