劇場公開日 2014年2月22日

  • 予告編を見る

「ミンディ、君の頬をつたう涙の数だけ強くなれる。」キック・アス ジャスティス・フォーエバー みつまる。さんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

2.5ミンディ、君の頬をつたう涙の数だけ強くなれる。

2016年1月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

興奮

萌える

本作で少し大人びた少女に成長したミンディの学園生活が描かれるようになったものの、なかなか彼女が本気モードに突入してくれないもんだから、観ているこちらのイライラと不満が血戦となるクライマックスまで募りましたね。
ミンディがブチ殺す悪人の数も前作より減少傾向にありましたが、凶暴なマザー・ロシアひとりで千人分ぐらいの値打ちはあったかも。
今回、新規参入のジム・キャリーの演技は、相も変わらずハイテンションで安心して観ていられたけど、ストライプス大佐のキャラの肉付けがちょっと雑に感じられました。
これじゃ単なるコスプレをしたイタい変態男ではないか。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
みつまる。
「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」のレビューを書く 「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」のレビュー一覧へ(全192件)
「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」の作品トップへ