パンドラ ザ・イエロー・モンキー PUNCH DRUNKARD TOUR THE MOVIE

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
パンドラ ザ・イエロー・モンキー PUNCH DRUNKARD TOUR THE MOVIE
パンドラ ザ・イエロー・モンキー PUNCH DRUNKARD TOUR THE MOVIE
23%
69%
8%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「イエモン」の愛称で人気を博し、2004年7月7日をもって解散したロックバンド「THE YELLOW MONKEY」の伝説のツアーに迫ったドキュメンタリー。1998年4月~99年3月の1年間で113本のステージを行った大規模ツアー「PUNCH DRUNKARD TOUR」にスポットを当て、当時のライブ映像はもちろんのこと、バックステージの様子など未公開となっていた記録とともに、走り続けたバンドメンバーの姿を追う。また、解散後初めて吉井和哉、菊地英昭、廣瀬洋一、菊地英二の4人がそろってのインタビューが実現。当時のツアースタッフの証言も収録し、いかにして伝説のツアーをスタートさせたのかを明らかにする。監督は、「SPARK」「楽園」「BURN」「球根」「バラ色の日々」ほか同バンドのミュージックビデオを多数手がけた高橋栄樹。

2013年製作/115分/日本
配給:パルコ、ユナイテッド・シネマ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)2013「パンドラ」製作委員会 Photo by Mikio Ariga

映画レビュー

4.0何処か美しさも感じてしまう

白波さん
2020年10月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

2013年に公開したTHE YELLOW MONKEYのドキュメンタリーフィルム。2020年に「オトトキ」とあわせて、まさかの爆音上映です。
昭島てどこ?な感じだったのですが、こんなチャンスはもう無いだろうと行って来ました。
思う事は皆一緒で、もう一度スクリーンで観れるとは思ってなかったのでしょうね。会場を見回した感じ満席でした。

この時期はバンドが一番尖っていて、かつ物凄く危うかったのでしょう。
とにかくものすごく力に溢れていて、それをメンバーやスタッフ等内側からの視点で描いた作品。
約1年かけて113本のツアー。1本も飛ばす事なくやり遂げた過程は凄まじく、だんだんと擦り切れバンドが崩壊していく様が手に取るようにわかるのがこの作品。
「失敗でした」発言、家庭の危機、UKのステージ、ツアースタッフの死、フジロックの挫折。
今でこそどこか安心して見れるけど、それでもかなり重いですね。
でも所々で映る、現在のメンバーがボーリングしながら楽しそうに話してるインタビューはちょっとした救いになります。
見所はとても多いのですが、一番印象的なのはやはりフジロックのバックステージでしょう。
この時のロビンの顔を切り取れたのは、とても貴重だと思います。
また和気藹々としているメンバーとの温度差が凄まじく、これはもうダメだな…と感じずにはいられませんでした。
こんなこと言っては何ですが、この残酷な物語に何処か美しさも感じてしまうんですね。何でだろ?
そうしてバンドは絶頂の中での解散。
これ以上無いくらい完璧な終焉だと思いました。

そしてこの作品が2013年公開、その三年後にバンドが復活するとはこの時誰も思っていなかったでしょう。
実際、この映画が再結成へのきっかけの一つだったとも語られていましたね。
これからもこのバンドを見守っていきたいと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
白波
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「パンドラ ザ・イエロー・モンキー PUNCH DRUNKARD TOUR THE MOVIE」以外にこんな作品をCheck-inしています。