青天の霹靂のレビュー・感想・評価 (2)

メニュー

青天の霹靂

劇場公開日 2014年5月24日
178件中、21~40件目を表示 映画レビューを書く

親子

ほんの少しだけ、「フィールドオブドゥリームス」な感じがしました。

taka
takaさん / 2017年3月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

父よ母よ、あなたたちは生きる理由です…と伝えたい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

劇団ひとりの映画初監督作。
お笑い芸人なのでもっとコメディ色が濃いかと思ったら、これが予想に反して感動作!
さすがに芸人監督の巨匠・北野武ほど秀でるものは感じなかったが、松本人志みたいに変に作家性を出そうとはせず、ベタではあるがツボを抑えた手堅い作り。
笑わせて、泣かせて…の作風はウッチャン監督作的で、図らずも素直に感動してしまった。
原作は自身の書き下ろし小説。そういや彼は(一冊だけ)ベストセラー作家でもあったっけ。

序盤は何と湿っぽい。
39歳の売れないマジシャン・晴夫。
父が他に女を作って母はとうの昔に家を出、その父とも音信不通。
生活は最低、どん底の人生。
追い討ちをかけるような突然の父の訃報。
父の写真を手に、自分の惨めな人生を泣き喚くシーンはウルッときた。(ちょっと自分も人生に意味を見出だせない時期があったので…)
その時!“青天の霹靂”な出来事が…!

雷に打たれ死亡…ではなく、気が付いたら、40年前にタイムスリップ。
ここ、何処!? 今、何年!? 何で俺ここに居るの!?…と定番通りに取り乱さない晴夫。
それどころか、(現代に)戻れる場所は無く、戻りたくないと言う珍しいタイムトラベラー!
この時代で生きる事を決めた晴夫は、ひょんなことから現代じゃ定番マジック・スプーン曲げが目に止まり、浅草の舞台で(何故か)インド人マジシャンとしてデビュー。
しかも、アシスタントに美人さんが。
メキメキと人気が出始め、その美人アシスタント・悦子に言い寄ったり。
この時代、サイコー!
が、彼女は実は…

男と同棲していた。
同じマジシャン芸人らしいが、相当なダメ人間っぽい。
警察の世話になり、悦子の変わりに迎えに行って…
ここからが本筋と言っていい。
男は、若き頃の父。
そして悦子は妊娠している。
自分が生まれる直前の父と母であった…。

顔を合わせたその場で父とは積もり積もったものもあって大喧嘩。
昔からろくでなし。
しかも、コンビを組まされる事に。
当然相性は最悪。舞台上でまた大喧嘩。
が、それが何かウケちゃって…。
次第に父といいコンビになっていく。
分かり合えば案外いい奴…?
が、依然消えないわだかまり、疑問。
何故父と母は自分を捨てた?
やがてコンビでTVの世界へ、オーディションも進んで行った時、妊娠末期の悦子が倒れ…。

明るくコミカルな役柄が十八番の大泉洋だが、「アイアムアヒーロー」など冴えない役もイケる。またこの人がやるから可笑しくて、悲哀もたっぷりで。
劇中度々披露するマジックが見事!
監督は父役も。芸人の中でも演技は悪くない方なので、大泉洋との掛け合いは絶妙。
舞台で披露するネタは本気で面白い。まさかここで彼の中国人ネタが見れるとは!
どうしようもないろくでなしだが、本当は…って人情キャラは、劇団ひとりが敬愛する山田洋次作品の登場人物のよう。そういや下町の雰囲気も。

何と言っても特筆すべきは、柴咲コウ。
今作での彼女、スゲーイイ女!
しっかり者で、時々劇団ひとりをビンタするほど気も強くて、優しく温かく愛情に満ち溢れてて。
芸人監督映画に欠かせない“理想の支える恋人”なのだが、多分柴咲コウの魅力もあってか、改めて彼女に見惚れたね!

晴夫が知った自分の出生の秘密。
何故父がそれを隠して真実を話さなかったか腑に落ちなかったが、父の本当の愛情深さを知って心打たれた。
我が子に重荷を背負わせるくらいなら、いっそ自分が…。

どんなに自分の人生が惨めで、何故こんな自分を生んだのか。
どんなに両親を憎んでも、両親はどんな思いで自分を生んだか。
それが上手く伝わらなくてもいい。
全く伝わらない事は絶対無いし、伝わった時、その思いが自分の生きる理由になる。

ラストのちょっとしたオチ(それに重なる川辺のシークエンス)と「○○○○○」の言葉も良かった。

近大
近大さん / 2017年2月1日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

タイムスリップ

タイムスリップものというのは、
時間軸を超えたつながりがポイントです.

SFではないけれども、青天の霹靂という自然なきっかけにして
名優、良い脚本によって、つながりが楽しめる内容になっています。

Keitarou
Keitarouさん / 2016年9月18日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

楽しめたー

ストーリーも質感もキャストも何もかも全体的に悪くなかった。
でも、輝かしいものがなかったきがする。

劇団ひとりさん、大泉洋さんは個性ある役を演じて、はまるとすごいですよね!
柴咲コウさんは美しかった笑

何言ってんだか笑

@crimson

@crimson_1216
@crimson_1216さん / 2016年8月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大泉洋がいいね!

ありふれている作品なんだろうけど、素直に感動した!

海(カイ)
海(カイ)さん / 2016年5月19日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣ける

3回も泣いてしまった。

やっぱり
大泉洋の演技はどこか魅力的。

そして劇団ひとりの演技力の高さ、
監督としての能力の高さには
驚くばかり。

俺の映画帖
俺の映画帖さん / 2016年4月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良かった。

劇団ひとりの脚本作品は最後に色々な繋がりがわかってきて面白い。

モンちゃん
モンちゃんさん / 2016年3月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  幸せ 泣ける 笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣けました

退屈することなく引き込まれていきました!
見てよかったです。

Z-arc+
Z-arc+さん / 2016年3月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

邦画はあまり見ないが

普通に面白いよ♪

劇団ひとりらしいネタもあって
大泉洋も面白いし
最後はしっとりと

はるや
はるやさん / 2016年2月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

お笑い芸人さんってこともあって

お笑い芸人さんってこともあってこねたがあったりマジック漫才みたいなものが面白かった。でも最後は感動できるお話でした。

ゆうすけ
ゆうすけさん / 2015年11月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ドラえもんぼくの生まれた日のドラマ版みたいな話。劇団ひとりだし、も...

ドラえもんぼくの生まれた日のドラマ版みたいな話。劇団ひとりだし、もうちょっと遊べそうな気がするけど、最終的にありきたりな感動を狙いにいってる感があった。
原作読んでみたいな

kens
kensさん / 2015年11月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

素敵なストーリー

ストーリーが素晴らしい。疑問は残るが感動したのでOK

もりや
もりやさん / 2015年8月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まさに

笑いとほろりとした涙。
だけど、色々と伝わるものがあり!
溝がある家族にこそ観てほしい映画です。
家族愛、親と子の思いが感じれる映画です。
星が3つなのはキャスティングが少し残念だと感じた。それさえなければもう少し高し!

コウジ
コウジさん / 2015年8月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

侮っていた

芸人監督ということで少し侮っていた部分があったが、これがなかなかよかった。泣くまではいかなかったが、心に響くところはあった。観た後、幸せな気分になれる映画。

ちびちょ
ちびちょさん / 2015年7月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  単純 幸せ
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

思い出すとまだ泣けてくる。

大泉洋って良い俳優さんなんだなと再認識した。なんでもない日常のシーンでも感情を爆発させるシーンでも、自然に感情移入させるすばらしい演技だと思う。良いシーンがいくつもあったけど、ラストのマジックショーから、現代に戻ってくるまでの流れがとても綺麗だった。ブルーレイが欲しい。

サト
サトさん / 2015年7月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すごく泣いた。劇団ひとりのことが好きになっちゃった。本も読んだ。ミ...

すごく泣いた。劇団ひとりのことが好きになっちゃった。本も読んだ。ミスチルの歌も良かった。

ゆきこ
ゆきこさん / 2015年7月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いー話だった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

いー話だった

Joe
Joeさん / 2015年7月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あんな重い「ありがとう」は、はじめて聞いた。最後のマジックやってる...

あんな重い「ありがとう」は、はじめて聞いた。最後のマジックやってる大泉洋はめっさかっこよかった

チップ
チップさん / 2015年6月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1人でしんみりみると◎

大泉洋がいい味をだしてて、1人でみる映画にはもってこいだと思います。

でも盛り上がる場面がもっと欲しかったなと思いました

なも
なもさん / 2015年6月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感動ものだけれども

感動だけれどもう少し足りない気も。
いうなれば「ドラえもん 僕の生まれた日」を連想してしまいました。

walkindude
walkindudeさん / 2015年6月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

178件中、21~40件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi