劇場公開日 2013年10月5日

  • 予告編を見る

天国の門 デジタル修復完全版のレビュー・感想・評価

3.85
36%
42%
14%
8%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全5件を表示

2.0216分が気にならなかった!

2015年5月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

とにかく、長いということで飽きるんじゃないかと思ったが、長さは苦痛にならなかった。

一体どこにそんな長さがあったんだ?
と思うぐらいにコンパクトに感じた。

結局よくわからなかったが、権力社会なんだなということと善悪がはっきりしてるようなしてないような。
うん、わからなかったんだな。

戦争の規模も小さいし、ハッキリ言うと、小さな村と土地の権利者の争いなんだけど、めちゃくちゃな戦争だったので、ダイナミックに観えた。

制作費も尺の長さもどうしてこんなに数字が嵩んだのか……一番のナゾだ!

ところでエラのパイはきっと、不味かったんだろうな(笑)
性格は良さそうだけどね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
CinemaExpress

4.0マイケル・チミノという監督

Cape Godさん
2014年11月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God

5.0最後の大作

ko_itiさん
2014年9月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

知的

初見のときは「凄いもの」観てしまった気分だった。それは悲惨な物語と素晴らしい映像だと思っていたが。今回見直すと若干違っていることに気がついた。

もちろん、物語りと映像の印象は変わってはいない。気がついたのは演出の部分、観客の気持ちの良い魅せ方の要素でであるロマチシズム、ヒロイズム、センチメンタリズムを意図的に廃しているのに気がついた。前作の『ディアハンター』はセンチメンタリズムで終わっているのに対して、この作品は観ている者の溜飲を下げないで終わらせている。もしかしたらこれが「凄いもの」正体だったのかもしれない。そして、さらに、もしかしたら当時の酷評も(予算をかけたわりには)ここが原因だったのかもしれない。

ともあれ、この作品を期に山師的な大作は減ってゆきマーケティングとリスク管理が重視される大予算映画が増えていった状況をまさしく見てきた自分にとってあの時に観たこれは「最後の大作だったんだ」と感慨するしかない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ko_iti

5.0映画史上最大の失敗作

2013年10月8日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

興奮

撮影期間の長期化
予算オーバー

いざ公開してみたら興行不振に陥り
ついには映画製作会社を破綻させた
この“映画史上最大の失敗作”が
デジタル修復完全版として
スクリーンに蘇った

…圧倒されたよ

もう一回
お金を払って観たいよ

すべてのシーンが
まるで絵画のような美しさに満ち溢れている

構図、色彩、光の射し方、陰影の濃淡

上映時間3時間36分
まったく気にならなかった

これこそが映画だよ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
無糖ブラック

4.0一足先に…

暖簾さん
2013年8月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館、DVD/BD、DVD/BD

泣ける

悲しい

輸入版Blu-rayを購入、鑑賞済みです。

ヴィルモス・ジグモンドのミレーの様な画が見事に再現されています!!

これで此までの『あの』ズタズタ、傷だらけの画像ともオサラバです♪♪♪
いや!めでたい!

映画も決して『過去の』作品ではありません!
時に黒澤明、時にD・W・グリフィスを引用しつつ、圧倒的な叙情詩…そして痛み…。

今後、この作品の評価はますます高まるでしょう。

ま、『ジョルソン郡戦争』なんてなかったンだけどね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
暖簾
「天国の門 デジタル修復完全版」の作品トップへ