「重い。でも生きてる。」そこのみにて光輝く 杏の木さんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

そこのみにて光輝く

劇場公開日 2014年4月19日
全140件中、6件目を表示
  •  
映画レビューを書く

重い。でも生きてる。

それぞれの俳優さんが、丁寧に演じているのがよく分かりました。
池脇さんは、女性として見ていて辛かった。
菅田さんは、外見から何から何まで、ここまでよごす!?というくらい本格的でした。
この時、若干20歳くらいの俳優さんの演技に圧倒されます。
どん底でも、生きて、今ある場所に居場所を見つけて生きていく。そこには光があるんだと思った。
なんとも言えない気持ち。

杏の木
さん / 2018年10月14日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報