ラブバトル

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ラブバトル
15%
22%
29%
30%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1996年の「ポネット」が日本のミニシアターで記録的なロングランヒットととなったジャック・ドワイヨン監督が、ポール・セザンヌの名画「愛の争い(愛の闘い)」に着想を得て、ある男女の葛藤と愛の交歓を描いた作品。父親の葬儀のため田舎を訪れた女性が、財産分与をめぐるトラブルによって、過去のトラウマに苦しめられるようになる。かつて思いを寄せていた男性と再会を果たした彼女は、現実から逃れるため風変りなセラピーに熱中。ふたりは怒りを解放するため衝突を繰り返し、その行為をエスカレートさせていく。日本では「ポネット」以来19年ぶりとなるドワイヨン監督の劇場公開作品となった。

2013年製作/99分/フランス
原題:Mes seances de lutte
配給:アールツーエンターテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

2.0アブノーマルなカップル

2016年5月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

興奮

知的

ジャレあっているだけのようにしか見えない滑稽さ加減に闘う行為でないと興奮出来ないからジャレあうのか?

師弟関係みたいで会話の内容がウケるし女の怒ってる意味が全く理解し難い。

変態カップルのプレイが繰り広げられる意味不明な世界観。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

1.5愛は格闘技

ミカさん
2016年1月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

男と女の総合格闘技をずっと観ていなくてはいけない作品です。「もういいよー」って位、終始格闘があるのみなので、退屈してしまいました。体は張ってはいるんですけどね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミカ

2.5ほとんどが2人の会話と「バトル」

2015年6月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

難しい

物語の8割が2人の会話と「バトル」。このため中だるみと言うか前半はとにかく見ていて退屈だった。最後はセックスにたどりつくはずなのだが、前半は「バトル」してもバトルだけで終わり、バトル目的だけというは私には正直理解できず、ならあとは激しいラブシーンを期待するしかない、けどそれもなかなかなく、劇場のあちこちで座り直す人もいればあくびする人いる、みんな退屈で集中できない様子であった。
後半からようやく何度かラブシーンがあったが、何故わざわざ外に出て水たまりでやるのかが不明で、最後は事を終えて笑って終わり、内容としては難しく日本人には理解できない映画のように感じた。
でもこの映画、R指定ではないようで、フランスではこの程度の描写はやはり当たり前なんでしょうけど、女優のヘアや、男優はモロ出しのシーンがあったがボカシもなく、R指定もない日本の一般映画でよかったのか疑問。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yamatakayama
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る