劇場公開日 2013年8月9日

  • 予告編を見る

「巨匠初の駄作」トゥ・ザ・ワンダー KOJIさんの映画レビュー(感想・評価)

2.713
8%
22%
40%
22%
8%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

2.5巨匠初の駄作

KOJIさん
2013年9月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

「天国の日々」「シン・レッド・ライン」等の数々の名作を残し、ハリウッドで最も尊敬されているとも言われているテレンス・マリック監督の最新作。

マリック監督は個人的に一番好きなアメリカ人監督であって、彼の映画はすべて見ている。そしてすべて溺愛している。

彼の特徴である、この世の物とは思えない様な映像美、知的で難解でありながら、詩的で美しいナレーションや台詞。台詞や展開に頼らずにテーマを表現する見事な編集。神秘的で自然な演技を引き出す演出力。すべてにおいて神的存在であり、100年に一度出てくるかこないかぐらいの天才監督だ。

だがこの作品に関してはちょっと何かがおかしい。

まず編集が粗い。ものすごく粗い。編集のカットが異様に速過ぎて、気が散った。

そして映像が普通。奇麗なシーンはもの凄く奇麗だが、全体的にマリックらしさが出ていない。「ツリー・オブ・ライフ」の映像美と比べると、同じ監督とは思えないぐらい普通な映像。

演技に関してはさすがの演出力だと思ったが、今作のテーマである「愛」に関して、ちゃんと映像を通して表現できていない。

哲学の教授でもあるマリック監督は、哲学的なテーマを美しい映像と詩的なナレーションで表現し、決してシンプルな答えは与えないのが彼のスタイル。

だが今作に関しては、結構シンプルに答えが出ちゃっているのと、テーマ自体の表現がかなり浅い。

死ぬ程好きな監督なだけに、もの凄く残念だった。

「ツリー・オブ・ライフ」が彼のピークだったのだろうか。。。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
KOJI
「トゥ・ザ・ワンダー」のレビューを書く 「トゥ・ザ・ワンダー」のレビュー一覧へ(全13件)
「トゥ・ザ・ワンダー」の作品トップへ