キタキツネ物語 35周年リニューアル版のレビュー・感想・評価

キタキツネ物語 35周年リニューアル版

劇場公開日 2013年10月19日
8件を表示 映画レビューを書く

※動物たちに一切危害は加えられていないそうですが、オリジナルに危害は加えられています

1978年に公開されヒットした邦画初の動物ドキュメンタリー映画。
その35周年を記念して2013年にデジタル・リニューアルされたのが本作。
そもそも何で“35年”という中途半端な時に記念リニューアルなのか…?

北海道の大自然で生きるキタキツネの生態。
夫婦ギツネの出会いから始まり、子ギツネの誕生、母ギツネの死、外敵や人間の罠、巣立ち、成長…。
まるで劇映画のようにキタキツネの姿をツボを抑え追い、王道の動物ドキュメンタリーである。

が、このリニューアル版にはどうしても解せない点が。
(明らかに演出が加えられているとか、色々言われている“動物たちには一切危害は加えていません”は偽りだとかは一旦置いといて…)

木が語り部となってナレーションするのはいいとして、キツネたちにタレントの吹替は超要らなかった。
映像と音楽とナレーションだけで充分伝わるというのに、寒いくらいのタレントたちの吹替のせいで茶番のように。
主題歌や吹替者の挿入歌も宣伝のように大量に流される。美しい映像と音楽だけでいいんだ!

デジタル編集で映像がクリアになったのはいい。
が、未公開映像を付け加えながら尺がオリジナルより短くなり(つまりカットされた部分も)、音楽も新録。
オリジナルに色々手が加えられ、別にオリジナルは見た事無いのでここが違うあそこが違うとかは言えないが、オリジナルへのオマージュが感じられなかった。
本当にオリジナルを名作と思うなら、映像をクリアにするだけで良かったのではないか。何故わざわざ手を加えるのか。

どうせならオリジナルが見てみたかった。

近大
近大さん / 2017年11月23日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ドキメンタリー映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

丘の柏の木から見たキタキツネの1年をドキメントに声を付けて、物語にした。母キツネの死、親子絶ち、再会、考えさせられるところがたくさんありました!撮影の苦労も感じました!。

海(カイ)
海(カイ)さん / 2016年7月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

現実の狐は無視で、人間の作った物語に合わせた映像と声を組み合わせただけ

総合:20点 ( ストーリー:30点|キャスト:50点|演出:20点|ビジュアル:75点|音楽:50点 )

 昔に観た原版ではあやふやだけどたしか人間が狐の声を担当していなかったようにも記憶しているが、それが正しいかどうかはとにかく、今回は狐一匹ずつに人間が声を担当している。しかしこれがどうにも野生の狐らしくなく、擬人化されて人間社会に生きる人間そのもののように喋るのがどうにもいただけない。夕陽を見て母親が不吉な予感を感じたり、子狐が笑い声を上げたり歌を歌ったりで、狐がそんなことを思ったり喋ったりするわけないじゃないの。この演出にはかなりがっかりしたし、原版ではこのような失望はなかったように思う。物語もそのような人間が望む物語をしているかのようにするために狐の映像を無理やりのっけて、人間同様に会話をさせたり行動をさせているのにも苛立つ。
 これでは苦労して撮影したであろう狐の記録映像が、まるで嘘で塗り固められた安い子供向けの童話になってしまった。変な脚本も脚色も要らない。本来は西田敏行に現実の狐の行動の解説だけさせれば十分だった。

 最後に「この映画製作に於いて全ての動物に危害は加えられていません」という表記があるけれど、これはどうなんだろう。今作品ではそのような場面はなくてごまかされていたけれど、確か原版のほうでは、狐の子が猟師に撃ち殺されていたように記憶しているけれど。これって昔のフィルムの再編集なんじゃないのかな。それならば撃ち殺されていたんじゃないのかな。罠にかかった母狐の件もあるし、この表記は素直に受け入れられません。

Cape God
Cape Godさん / 2015年8月15日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ねむり…

当時は映画館でバイトしててこの作品も長蛇の列と満員立ち見を連日だしていたのを覚えています。
けど、俺、未見でした…。
TV局バワーで客集めたなんて言われてたけど…なんか、そんな感じ。
おまけに、今はテレビで良質のアニマルドキュメント制作されているからどうしても、それらと比較すると目劣りしちゃう。
よく、ここまで追い続けたとは思いますがそれ以上でもそれ以下でもありませんでした。

peanuts
peanutsさん / 2013年10月25日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

11歳の娘も微妙な反応でした

(カメラが入る以上ある程度は仕方ないにしても)
人間の勝手なものさしが丸見えで…小5の娘も「(キタキツネは)しゃべらなくてよかったのに」と。
大自然とキタキツネの映像はとても良いんです。ただ演出が。
キタキツネに語らせている言葉に作り手の手垢が見えるというか、うわべだけで心にせまるものが無いと感じました。

元の作品はキタキツネがしゃべってもそんな風に思わなかったのですが、脚本のセンスに尽きます。
挿入歌の入るタイミングも曲調もしらけてしまう元でした。
曲自体に罪は無いんですが、それまでの流れから浮いていて白けてしまいます。

元の作品を観て感動した人が作ったとは思えず、残念な作り。
その1978年度版DVDが1500円で売っていて、感想を話した所、子供が興味を示したのもあり買って帰りました。
最初からこうしてれば良かったな、というのが正直な感想です。

sooost
sooostさん / 2013年10月22日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

感動 と 父親の子育て教えられた

映像が 綺麗だった
昔の映像 撮影は大変だったと思いますが、
現代に活かす 技術は凄いですね。
つい最近、撮影された 雪や流氷 と見えた。
雪と流氷の白さ は ごまかせないと思う。
やはり 昔の実写が 綺麗なのか 復元した技術が凄いのか

北海道 道東 の 冬 体験したい と思った

柴犬かわいい
柴犬かわいいさん / 2013年10月22日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

子どもと行きました

昔も観た記憶がありますが、そのときは割と大人向けだった印象で、今回は小さな子どもやお年寄りにもテーマが伝わりやすい作りになっていたのでは。
キツネの表情が豊かで、特に子ぎつねは可愛いです。

ナッチ
ナッチさん / 2013年10月20日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

虚しい・・・ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画の最後に「本作品作成にあたっては、動物にいかなる危害も加えておりません」的なメッセージが流れたが、ウソでしょう?
ストーリーを劇的にするために、おかあさんギツネが人間の仕掛けた罠にひっかかってしまう場面。あのようなシーンを撮るためには、わざとキツネを罠のある場所におびき寄せなければならないわけだから。
野生の動物を無理に擬人化してもただ虚しいだけ。どうせ擬人化するのであれば、ディズニーアニメのように徹底化したほうが良い。中途半端では、消化不良感が残ってしまう。

2013年10月13日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  悲しい 単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

8件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi