「蓮の花が印象的」遠くでずっとそばにいる 未散さんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

遠くでずっとそばにいる

劇場公開日 2013年6月15日
全3件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

蓮の花が印象的

二度にわたる交通事故で17歳の意識しかない主人公。10年の記憶を探しに街を彷徨する。いつも見守る恋人のごとし彼と男になろうとしている友達色々判ってくる事実。明るい性格の様に見えても深い傷を負っている彼女。それを詩的な映像と音楽で印象深い作品にしている。特に秋田の街が舞台になっているから、私の街であり、お堀の蓮は美しく、亡き人を思い出させる象徴になってると思うのは主人を亡くした私だけだろうか?

未散
さん / 2013年6月20日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報