「素晴らしかった」蜩ノ記 古泉智浩さんの映画レビュー(ネタバレ)

ホーム > 作品情報 > 映画「蜩ノ記」 > レビュー > 古泉智浩さんのレビュー
メニュー

蜩ノ記

劇場公開日 2014年10月4日
全79件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

素晴らしかった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 武士や当時の人々を極めてリアルに描こうと試みている感じが素晴らしかった。明治以降の言葉を使っていないようで、よくわからない言葉もあった。

 武士の慎ましくて、誠実で真面目な生活ぶりは背筋が伸びる思いがするのだが、笑いがなさ過ぎではないだろうか。

 堀北真希ちゃんが美しかった。ミステリーの要素も面白かった。クライマックスはひたすら地味だった。役所広司が10人くらい斬り殺し鬼のように強かったが、家老を殴るのが最大のアクションだったかもしれない。家老は子どもにも柄をお腹に当てられて悶絶していた。最大の悪である商人が全く成敗されず、野放しだった。

古泉智浩
さん / 2018年11月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報