ラッシュ プライドと友情
ホーム > 作品情報 > 映画「ラッシュ プライドと友情」
メニュー

ラッシュ プライドと友情

劇場公開日

解説

「ビューティフル・マインド」「ダ・ヴィンチ・コード」のロン・ハワード監督が、1976年のF1世界選手権を舞台に、2人の天才ドライバー、ニキ・ラウダとジェームズ・ハントの戦いと絆を描いた。76年のF1チャンピオンシップで、フェラーリのドライバーとして快調なレースを続けていたラウダは、ドイツ・ニュルブルクリンクで開催された第11戦ドイツGPで大事故に見舞われる。奇跡的に6週間で復帰を果たしたラウダだったが、ライバルでもあるマクラーレンのハントにポイント差をつめられてしまう。チャンピオンシップを競う2人の決選は、富士スピードウェイで行われる日本での最終戦に持ち越されるが……。ハント役には「マイティ・ソー」のクリス・ヘムズワース、ラウダ役には「グッバイ、レーニン!」のダニエル・ブリュールが扮する。脚本は「フロスト×ニクソン」のピーター・モーガン。

作品データ

原題 Rush
製作年 2013年
製作国 アメリカ・ドイツ・イギリス合作
配給 ギャガ
上映時間 123分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

受賞歴

第71回 ゴールデングローブ賞(2014年)

ノミネート
最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀助演男優賞 ダニエル・ブリュール

インタビュー

クリス・ヘムズワース&ダニエル・ブリュール、それぞれのキャリアを変えた大きな1本
インタビュー

言わずと知れたカーレースの最高峰、F1。とはいえスピードカーに興味がなければ、F1史に語り継がれるジェームズ・ハントとニキ・ラウダの激闘も聞いたことがないかもしれない。しかし本作「ラッシュ プライドと友情」を見るにあたり、F1が好きか...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

瞬間に永遠が込められている、人生が凝縮された映画
ラッシュ プライドと友情の映画評論・批評

F1レーサーの映画である。そのスピード感、高揚感が現実のレース以上に観客の心をつかむようにしなければ、それを映画にする意味はない。手に汗握る、息をもつかせぬ目眩く展開は、まるで映画そのものがF1レースになったかのようだ――そんな感想を...ラッシュ プライドと友情の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全169件)
  • 痛々しい… 1970年代に活躍したF1ドライバー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントの関係を描いた作品。 個人的には、全く関心が持てなくて、共感もできなかった… 最後に、なかなか良いセリフがあったけど、やっぱ... ...続きを読む

    n.yamada n.yamadaさん  2018年7月11日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 2人の天才 実話を元にした'76年のF1が舞台です。 F1ドライバー2人のプライドと友情の物語。 キャストも凄く良かったと思います。 本人と写真を見比べましたが、上手に似せていますね。 対象的な2人... ...続きを読む

    えみR えみRさん  2018年5月21日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 映画館で観たかった… 映画館で観るつもりだったのに、タイミングが悪く…やっぱり観たい映画はちゃんと足を運ばなきゃと後悔。 鈴鹿サーキットでの日本GPに抽選で外れ、結局生で観戦できなかったけど、以前はめちゃくちゃF-1... ...続きを読む

    ゆ~きち ゆ~きちさん  2018年5月20日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ラッシュ プライドと友情」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi