ラッシュ プライドと友情

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ラッシュ プライドと友情
26%
57%
15%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ビューティフル・マインド」「ダ・ヴィンチ・コード」のロン・ハワード監督が、1976年のF1世界選手権を舞台に、2人の天才ドライバー、ニキ・ラウダとジェームズ・ハントの戦いと絆を描いた。76年のF1チャンピオンシップで、フェラーリのドライバーとして快調なレースを続けていたラウダは、ドイツ・ニュルブルクリンクで開催された第11戦ドイツGPで大事故に見舞われる。奇跡的に6週間で復帰を果たしたラウダだったが、ライバルでもあるマクラーレンのハントにポイント差をつめられてしまう。チャンピオンシップを競う2人の決選は、富士スピードウェイで行われる日本での最終戦に持ち越されるが……。ハント役には「マイティ・ソー」のクリス・ヘムズワース、ラウダ役には「グッバイ、レーニン!」のダニエル・ブリュールが扮する。脚本は「フロスト×ニクソン」のピーター・モーガン。

2013年製作/123分/PG12/アメリカ・ドイツ・イギリス合作
原題:Rush
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第71回 ゴールデングローブ賞(2014年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀助演男優賞 ダニエル・ブリュール
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2013 RUSH FILMS LIMITED/EGOLITOSSELL FILM AND ACTION IMAGE.ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

3.5まあまあ

hide1095さん
2019年12月17日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

まあまあの映画でした☆ニキ・ラウダは知っているけれど、ジェームズ・ハントは初耳だったよー。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hide1095

4.0吐いた方が調子のいいハント

kossyさん
2019年9月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 今はしがないタクシードライバー(車の中では吐かないでください!)。同じドライバーとして(どこが同じなんだか・・・)雨の日は休みがちになるので、ラウダの気持ちがよくわかる。F1はそれほど興味もなく、普通の車のレースの方が楽しめると思ってたのですが、この映画を観た後では考えが変わってしまいました。どのくらい無知かというと、「たしか日本人にもF1レーサーがいたよね。星野源、真理、仙一、あき、リゾート・・・あれ?名前なんだっけ」というレベルです。その星野も参戦した1976年のF1世界選手権。その年に日本初のF1グランプリが富士スピードウェイで行われたという歴史さえも知りませんでした。完全にF1知らんぷりです。

 そんな大雨の中のレースが中心となっていたジェームズ・ハントとニキ・ラウダ。ドイツでは雨だから中止にしようよという1位を突っ走るラウダでしたが、抜かれるチャンスが減るもんなと言われ、しぶしぶ参戦したラウダ。大事故を起こしてしまい、大火傷を負う姿には痛々しくて見てられないくらい。厳しい治療とリハビリをこなし、復帰するもハントの追い上げが凄い!二人の性格も全く違うライバルでしたが、大火傷の後遺症とか、徐々に友情を感じ始める演出もよかったです。失礼な質問をした記者をフルボッコにするシーンで溜飲が下がる思いにもなりました。

 映画館で観たかった・・・というのが正直な感想。自宅での爆音鑑賞も気持ちがいいのですが、やはり劇場にはかなわない。個人的には、ニキ・ラウダを演じたダニエル・ブリュールのストイックなところが好きだけど、一回でも優勝すればそれでいいや!という考えも好き♪

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
kossy

4.0ファンじゃなくても

2019年8月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

興奮

萌える

F1のオールドファンにはお馴染みの二人だが、
この二人にそこまでの友情があったとはそんなに知らないんじゃない?
かく言う私も知りませんでした。
更に、ラウダはマクラーレンで強くなったと思ってました。
フェラーリ時代から強かったのね。
顔は出てこないけど名前だけ上がるドライバーたちが、
オールスター過ぎて、そこもテンション上がります。

F1をリアル(TVですが)で見てた自分にとっても、
これに出てくるマシンからレース風景は本物そのまま。
この再現力がすごい。ティレルの6輪車とか感動もの。
そして主役二人の合うシーンはいつも喧嘩。
でも離れてるとお互いを思う。恋人以上の存在。
そして、大事故の後でも早々に復帰するラウダ。
ホントに男って馬鹿だなーと思いつつ、ゴールで泣けます。
「奇跡の4位です!」ここで終わりでもいいと思った。
最後があの、悪名髙い富士だったとは、今更ですがスイマセンって感じ。
出来ることなら、ラウダに最後まで走ってほしかった。
そうしたらハントの引退ももう少し伸びたのかもと勘繰り。

しかし見てると思いだすのは、やはりセナ・プロストの話。
これもロンハワードで実写化して欲しいな。
あと10年先かな。

リアルなラウダに出てきて欲しかった。
ハントがもう亡くなってたことは意外だった。
F1ファンじゃなくても楽しめる・・・かな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
クリストフ

4.0reckless

everglazeさん
2019年8月11日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
everglaze
すべての映画レビューを見る(全178件)