「途方もない喪失感」鑑定士と顔のない依頼人 a0064さんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

鑑定士と顔のない依頼人

劇場公開日 2013年12月13日
全212件中、6件目を表示
  •  
映画レビューを書く

途方もない喪失感 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「贋作の中にも真実が宿る」という鑑定士の持論が現実の世界で彼を痛めつけることになるというストーリー。腕利きの鑑定士でも、人間の内面までは見破れなかったか。人はここまで残酷になれるんだ、と思った。普通の恋愛とは全く違う。見ている側は、「なんだかおかしいぞ」と思いながら見ている。それがラストでなるほど、と納得できる仕上がりになっている。人間の恐ろしさ、内面崩壊の悲惨な様子がラストの短い間に存分に表現されている。

a0064
さん / 2018年10月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報