スティーブ・ジョブズ(2013)

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
スティーブ・ジョブズ(2013)
スティーブ・ジョブズ(2013)
4%
32%
47%
12%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2011年に死去したアップルの創設者、スティーブ・ジョブズの生涯を描く。大学を中退し禅や仏教に傾倒しながらも、無為の日々を送るジョブズは、親友のウォズニアックの趣味であるコンピュータに興味を持つ。2人は友人たちの協力を得て世界初の個人向けマシンApple Iを商品化。ジョブズは自宅ガレージを改造して、ウォズニアックらとアップルコンピュータを設立する。ジョブズは社長として経営に辣腕をふるい、77年にApple IIを発売、大ヒットとなる。25歳にして成功を手中にしたジョブズだったが、そのときから周囲との軋轢に苦しみ、挫折と栄光を味わうことになる。若きジョブズそっくりと言われていたアシュトン・カッチャーを主演に迎え、共演はダーモット・マローニー、マシュー・モディーンらベテラン陣。監督は「ケビン・コスナー チョイス!」のジョシュア・マイケル・スターン。

2013年製作/127分/G/アメリカ
原題:Jobs
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

2.5消化不良

2021年3月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

よく分からないまま次の時代へ行ってしまう
会社発展のことプロジェクトチームのこと
彼女の妊娠のことなど
新しいパソコン開発の名がLisaと聞いて
何かしらの思いはあるのだとは分かるが…
そののち同じ家に暮らしてる様子も見受けられるが、Lisaの母親は?
という感じでところどころ分からないまま置いてけぼり(笑)
これだけインパクトのある世界を変えた信念のある天才を描いてドラマチックな仕上がりにならないのはやはり、この人に人間的な欠陥があるからなのか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mamagamasako

5.0アップルコンピュータのCEOになるまで

2021年2月11日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

今、世界を席巻している「GAFA」の一つがアップルコンピュータです。

スティーブ・ジョブズは、アップルコンピュータの創業者の一人で、アップルコンピュータの株式上場で2億ドル以上の資産を手に入れますが、アップルコンピュータを辞職せざるえなくなり、NeXT社を創業しCEOを務め、ピクサー社を買収し会長を務め、ピクサー社の株式上場で11億7000万ドルの
資産を得ました。
スティーブ・ジョブズは、アップルコンピュータがアップルコンピュータの株式150万株でNeXT社を買収することで、スティーブ・ジョブズは復職し、アップルコンピュータのCEOになりました。
スティーブ・ジョブズは、iPodを発表しました。

iPhoneが登場する前で、この映画は終わってしまうので、iPhoneについて期待する
と期待外れになります。

スティーブ・ジョブズがiPodを発表するシーンから始まります。
その後は、スティーブ・ジョブズが大学時代からアップルコンピュータのCEOになるまでが描かれます。
1972年~2001年までの29年間、20年前までの出来事が描かれています。
1972年6月17日には、ウォーター事件が起きました。
2001年9月11日には、米国同時多発テロ事件が起きました。
29年間の出来事を描こうとすると、各々出来事については細かく描くことはできずに、各々出来事については知っている前提で、簡単に描かれています。
若い人、コンピュータに詳しくない人、コンピュータに興味がない人には退屈な映画です。
スティーブ・ジョブズについて知っている人、知りたい人、コンピュータに詳しい人、自己啓発を得たい人には楽しい映画です。
スティーブ・ジョブズの言葉には、人を高揚させ、人を動かす何かが確かにあります。

スティーブ・ジョブズについて知らない人は、この映画を観てもわからないです。
この映画を観て、スティーブ・ジョブズについて知りたくなった人には、「スティーブ・ジョブスⅠ」と「スティーブ・ジョブスⅡ」講談社ウォルター・アイザックソン著/井口耕二訳を読むと理解できるようになります。
読んでも理解できない部分は、調べる必要があります。
スティーブ・ジョブズのような日本人はいないので、日本人がスティーブ・ジョブズを理解するのは困難です。

リード大学は、設立1908年、米国オレゴン州ポートランドにある私立大学です。

「ビー・ヒア・ナウ」という本は、スティーブ・ジョブズが好きな本です。
「ビー・ヒア・ナウ―心の扉をひらく本」として日本語に翻訳され発売されています。

LSDは、植物から製造されるか化学合成される麻薬で、感覚や感情や記憶に変化を与え、
6時間から14時間の間、持続します。

アタリ社は、ゲーム作成会社です。
スティーブ・ジョブズは、リード大学を中退し、インドに行くためにアタリ社で働きました。

ホームブリュー・コンピュータ・クラブは、米国カルフォルニア州北部のサンタクララにある
シリコンバレーで結成されたコンピュータを趣味とする人々の団体です。

ビートルズは、英国のロックバンドで、1962年10月にアップル・レコードデビューし、1970年4月に解散しました。

ボブ・デュランは、米国のミュージシャンで、1962年4月にレコードデビューしました。

AppleⅠは、ケース、キーボード、電源を用意し、テレビ受像機を接続して、組み立てて使用します。
カセットテープインターフェースは、別売りで用意され、BASIC言語をテープで使用できます。
AppleⅠは、自作PCの元祖のようなPCです。

「1984年」は、ジョージ・オーウェルが書いた小説です。
「1984年」では、1950年代に発生した核戦争を経て、世界は、3つの超大国に分割統治され、物資は乏しく、紛争が繰り返され、ビック・ブラサーが思想、言語、行動、結婚などのあらゆる人間性を統制をする社会を描いた本で、大きな影響を与えました。

IBM社は、1911年6月16日に設立され、1960年以降は、コンピュータ市場で圧倒的な影響力があり、ビックブルーと呼ばれています。

AppleⅡは、CPU、メモリー、キーボード、画像出力装置、音声出力装置、外部記憶装置、プログラム用言語、ゲームI/Oを単一製品として、史上初の一体型パーソナルコンピューターを1,298ドルで発表し、600万台も売れました。

Lisaは、PC本体、ディスプレイ、内蔵RAM領域は2MB、外付けハードディスク、2つある5.25インチの
フロッピーディスクを持ち、PCとしては初のGUI環境で、マルチタスク機能とメモリ保護機能を備えていましたが、価格が1万ドルと高く売れませんでした。

Macintoshは、Lisaの低価格モデルを目指して開発され、Lisaと同じCPUを採用し、PC本体、ディスプレイ、内蔵RAM領域は128KBしかなく、1つのソニー製の3.5インチドライブだけで、外付けハードディスクはなく、Lisaと似ているGUI環境で、マルチタスク機能を実現し、価格が2495ドルでした。
スティーブ・ジョブズは、Macintoshを学生、大学や研究所に割引価格で販売し、採用され、大量のMacintoshを販売しました。
1989年頃、米国に出張に行ったのですが、普通に1人が、1台のMacintoshを使用していたのには驚きました。
それから、30年経過している日本では、今でも学校に教育用PCが採用されていないのが現状です。

AppleⅡ、LisaとMacintoshには、互換性がなく、OSもアプリケーションも開発した後、
独自に改良と保守しなければなりません。

iPodは、携帯型デジタル音楽プレイヤーで、1000曲もの音楽を保存することができました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ノリック007

4.0ジョブズって意外と…

DEPO LABOさん
2020年6月2日
iPhoneアプリから投稿

・今自分ができることをできると思いながらやること
・ジョブズって実は技術もないし、作業もあまりしていない
・技術作業は誰かに任せ、何が理想なのかを周囲に説いた
・周囲に夢を見せて突き動かしちゃう力がすごい人

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
DEPO LABO

3.0少し悲しい。

Aprilさん
2020年5月16日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

スティーブ・ジョブズを描いた作品は、2作品ありますが、
こちらは、1971年から2011年までを描いた作品です。

成功したけれど、私生活では寂しい人生だったのでは…。
彼の強い信念が事業を大きくしていったが、
一歩間違えれば、どん底の人生だったかも知れない。
終わり方がかなり曖昧で、彼を全く知らない人がみたら
分からないかも知れない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
April
すべての映画レビューを見る(全67件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る