「毎日がスタートライン」燦燦 さんさん ブレイブさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「燦燦 さんさん」 > レビュー > ブレイブさんのレビュー
メニュー

燦燦 さんさん

劇場公開日 2013年11月16日
全2件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

毎日がスタートライン

シニア女性が新しい生きがいを見つける話、という点で八千草薫さん主演の『くじけないで』に似たお話ですが、この作品ならではの良さも沢山あります。
特に吉行和子さん演ずる主人公の鶴本たゑがとてもポジティブで若々しいのが印象的でした。
老人やお婆ちゃんである前に一人の女性だと全身で主張しているようにも見えました。
幸せを追い求めるのに年齢制限は無いのだと我々に教えてくれます。
そして、たゑの亡夫修一の親友でたゑに密かに想いを寄せる森口慎二も宝田明さんの好演もあって、心に残るキャラになっています。
慎二はたゑの年齢に似合わぬ自由奔放さにヤキモキしながらも、誰よりも彼女の事を慕い暖かく見守っているのですが、その自分の想いにたゑが気付かない事に更にヤキモキしつつも、そんな関係を大切にしていきたいと考えているのです。
ずっと昔からたゑの事を思い続けているが親友である修一のために彼女への想いを隠し続け、それでも想いを捨てきれず独身を貫き通し、修一の死後も彼への友情と義理のために、たゑへの想いは胸の中にしまったままにしているのです。
男の純情此処に極まり!
そんなたゑと修一、慎二の青春映画のような関係を、この作品では一切若い頃の思い出のシーンを描いていません。
前述の『くじけないで』や認知症の老母と介護する息子の姿を描いた『ペコロスの母に会いに行く』では、若かりし頃の回想シーンが重要な役割を果たします。
それが非常に作品を感動的見せています。
ですがそれは感動の押し売り的なあざとさも見え隠れするように思えます。
その点この作品では回想シーンが殆どありませんので、観客はごく自然な形で物語に入り込めます。

ブレイブ
さん / 2013年12月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報