狼たちの激闘のレビュー・感想・評価

メニュー

狼たちの激闘

1件を表示 映画レビューを書く

チャイルド・オブ・ゴッド ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

若手ハンサム俳優ジェームズ・フランコの監督・主演作。

邦題と内容が思いっきりズレてて清々しい。発売元さんはアクションorサスペンス売りしたかったのだろうと思う。そうじゃなきゃ売れないからなあ。気持ちは分かるが、サスペンスアクションではない。

薬の売人でヤク中の弟と、エリート医師の兄が織りなす、挫折と再生の物語。

この手の話って、いっぱい映画化されているし目新しいところは特にない。

ヤク中の弟は、更生したと言いつつ何回も人を騙す。
一応、希望を感じさせるラストではあるんだが、その前段がクズすぎて全然信用ならない。ザラついて喉にひっかかる感じ。

ダメ弟よりもエリート兄の方が闇が深そうっていうのも、何だか悲しい。

全篇、何となく不安定な感じが漂っている。それが、演出の若さからきてるのか?狙いなのか?は、判断つかないけれども。

その、絶妙に不安定でザラついた感じ。ハンサム俳優が何となく監督してみました…っていうタイプの映画では無いなあ。面白いかどうかは置いといて、この監督さんが今後どういう風に進むのか、ちょっと気になる。

--

フランコ監督作品で、観てみたいのが『Child Of God』(2014.8月アメリカ公開、日本未定)。
『悪の法則』『ノーカントリー』のコーマック・マッカーシーが原作。
『悪の法則』より100倍くらい映像化が難しい作品と思う。
大丈夫か、フランコ、面倒なもんに手を出してと思いつつ、日本公開(劇場でとかそんな贅沢は言わん、DVDスルーでもいい)を待ちたいと思う。

小二郎
小二郎さん / 2014年9月22日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi