ホーリー・モーターズ
ホーム > 作品情報 > 映画「ホーリー・モーターズ」
メニュー

ホーリー・モーターズ

劇場公開日

解説

フランスの鬼才レオス・カラックスが、オムニバス「TOKYO!」(2008)以来4年ぶり、長編では「ポーラX」(1999)以来13年ぶりに手がけた監督作。生きることの美しさへの渇望に突き動かされる主人公オスカーが、富豪の銀行家、殺人者、物乞いの女、怪物など、年齢も立場も違う11人の人格を演じながら、白いリムジンでパリを移動し、依頼主からの指示を遂行していく姿を実験的な映像とともに描き出していく。主演はカラックス監督によるアレックス3部作(「ボーイ・ミーツ・ガール」「汚れた血」「ポンヌフの恋人」)のドニ・ラバン。

作品データ

原題 Holy Motors
製作年 2012年
製作国 フランス・ドイツ合作
配給 ユーロスペース
上映時間 115分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第65回 カンヌ国際映画祭(2012年)

出品
コンペティション部門
出品作品 レオス・カラックス

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

消費されない人生の記憶を身体の中に堆積させる怪獣のような映画
ホーリー・モーターズの映画評論・批評

主人公の男の職業は一体何なのかと、誰もが思うはずだ。クライアントから注文があると指定の人物に変装して白いリムジンに乗って指定の場所に行き、指定された人物として行動する。単に指定された行動をするのではなく、その人物になり切って、その人物...ホーリー・モーターズの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全16件)
  • 観る価値大 どういった角度から読めばいいのかまったく検討が付かないし予測もつかない。 展開に振り回されているうちに深い謎が解けていく感じ。 映画ファンなら観る価値大。 ...続きを読む

    miharyi miharyiさん  2018年10月18日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • オープニング、戻る→進む 商業化形式化した映画 観客は寝ている。 ... ネタバレ! オープニング、戻る→進む 商業化形式化した映画 観客は寝ている。 カラックス起きる。目覚める。煙草に火を付けベッドから降りる。船の音。カモメ。 森の中で眠っていたのとでも。 パソコンのスクリーン... ...続きを読む

    平一 平一さん  2018年7月18日  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • 絵本を見るように 絵本を見るように、11のページをめくる物語だ。 監督はヌーベル・バーグの新星だが、「ヌーベル・バーグ」は、そもそも大人の創作した世界ではなくて、空想と現実の新しい渦に遊ぶ子供の見ている世界だと思... ...続きを読む

    きりん きりんさん  2018年6月9日  評価:4.5
    このレビューに共感した/2
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi