ホーリー・モーターズ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ホーリー・モーターズ
31%
44%
18%
4%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

フランスの鬼才レオス・カラックスが、オムニバス「TOKYO!」(2008)以来4年ぶり、長編では「ポーラX」(1999)以来13年ぶりに手がけた監督作。生きることの美しさへの渇望に突き動かされる主人公オスカーが、富豪の銀行家、殺人者、物乞いの女、怪物など、年齢も立場も違う11人の人格を演じながら、白いリムジンでパリを移動し、依頼主からの指示を遂行していく姿を実験的な映像とともに描き出していく。主演はカラックス監督によるアレックス3部作(「ボーイ・ミーツ・ガール」「汚れた血」「ポンヌフの恋人」)のドニ・ラバン。

2012年製作/115分/フランス・ドイツ合作
原題:Holy Motors
配給:ユーロスペース

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第65回 カンヌ国際映画祭(2012年)

出品

コンペティション部門
出品作品 レオス・カラックス
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)Pierre Grise Productions

映画レビュー

1.0ゴジラのテーマ曲

odeonzaさん
2020年11月1日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
odeonza

4.0オムニバスはあんまり好きじゃないが、この作品はなかなか楽しめた

2020年8月23日
iPhoneアプリから投稿

オムニバスはあんまり好きじゃないが、この作品はなかなか楽しめた

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
コーヒー

3.0不思議と心に残る映画

2019年8月27日
スマートフォンから投稿

知的

難しい

第一印象は「???」映画界に対するオマージュってことは何となくわかるけど影像のインパクト>>>>>ストーリーな感じ
けれどもなぜかふとしたときに思い出す
時々見返してもやはり「???」ってなるけど、
人に勧めたくなる映画ではあるかな、言葉で説明できないし、面白いから是非見て!って感じではないけど
前情報無しで見てもらって話しに花が咲く事は多い
それだけ深い作品って事なのでしょう

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バスト・ラー

3.5装いながら

2019年2月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

興奮

知的

監督自身が登場するシーンから物語の幕が開き、一日に十一人を演じる、その日によっては演じる人数も異なったりするのか?リムジンの運転手は固定なのか?

余計なところまで考えてしまう、謎なのか?何なのか?不思議な感覚に陥る。

フランス映画で"ゴジラ"の音楽が流れる意表を突かれる演出や唐突にミュージカルなど興味の持続力は最後まで尽きない。

一体全員、彼は何者なのか?"オスカー"と呼ばれる一瞬の時が本来の自分自身なのか?いや、それすらも演じている人物に過ぎない、他人を装いながら歩む人生が職業である斬新さ。

自分なりの感覚で楽しめる作品として、それぞれの価値観が色々な方向へ、答えや感想も様々に!?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一
すべての映画レビューを見る(全20件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る