17歳のエンディングノート

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
17歳のエンディングノート
17歳のエンディングノート
11%
53%
33%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ダコタ・ファニングが余命を宣告された少女を演じる青春ドラマ。若くして余命を宣告された少女テッサは引きこり生活を送っていたが、17歳になり、いよいよその時が迫っていることを悟る。仕事を辞めて治療法探しにのめり込む父親や現実を受け止められない母親をよそに、テッサは親友とともに「お酒を飲む」「セックス」など危険な「TO DOリスト」を作成。残りの人生を精いっぱい生きようと決める。そんな時、隣に引越してきた青年アダムに恋をしたことから、テッサは生きることの意味を考え直すことになる。相手役のアダムに「戦火の馬」で注目された若手ジェレミー・アーバイン。

2012年製作/103分/PG12/イギリス
原題:Now Is Good
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2012 Blueprint Pictures (Now) Limited, BBC and The British Film Institute. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0切なく静かに胸をうつ物語

白波さん
2020年10月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

2013年4月劇場鑑賞
主演はダコタ・ファニング、言わずと知れた天才子役の女の子です。
幼くして大成してしまうと、大人になる頃には何となく業界から消えているジンクスがありますが、彼女もその一人であったと思います。
役者業は続いていましたが、最近は第一線で活躍してた印象はありませんでした。
そんな中、ハリウッドでないダコタ主演の本作にはとても興味がありました。

この作品はタイトルからも何となく分かるように、余命を宣告された女の子の話です。
こういったテーマを扱うとどうしても 涙を誘うような演出が過剰になりがちですが、この作品にはそういったあざとさが無く最後まで自然に観れました。
当初は重めのヒューマンドラマかと思ってましたが、実に爽やかなティーンムービーで、とても心地良かったです。

17歳のテッサは迫ってくる終わりを嘆くで無く、終わりが来るまでの一瞬々を愛おしく生きる。
涙が溢れて止まらない、とても切なく静かに胸をうつ物語でした。

またあくまで主観ですが、この作品によってダコタが“子役から女優”へ生まれ変わったきっかけになったような気がしました。
これからの彼女に更なる期待をしています。
本当に素晴らしい作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
白波

3.0イギリスの景色

M hobbyさん
2020年8月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

単純

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
M hobby

4.5ダコタ・ファニングが余命を宣告された少女を演じる青春ドラマ。

2019年9月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ダコタ・ファニングが余命を宣告された少女を演じる青春ドラマ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

3.0 ありふれた難病モノといった雰囲気だったが、どこか自然に感ずるもの...

kossyさん
2019年1月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 ありふれた難病モノといった雰囲気だったが、どこか自然に感ずるものがあった。ゾーイ(カヤ・スコデラーリオ)が妊娠して「堕ろしたい」と言った時のテッサの反応とか、無邪気すぎて失言があっても愛おしくなるような弟君だとか、父親の異常なまでの病気に対する熱意とか・・・

 隣のアダム(アーヴァイン)といい感じの仲になったときにも、デートする直前に大量の鼻血を出してしまったテッサ。その光景を見たアダムがびっくりして腰砕け状態になったことや、治療に無関心だったママ(オリヴィア・ウィリアムズ)がおたおたしながらも病院に連れて行くシーケンスが何とも現実味あふれていた。いよいよ残りの命がわずかとなったときも、黒人看護師が現実と夢がわからなくなるといった説明なんてのもリアリティがあった。

 町中に“TESSA”と落書きしまくったシーンも印象的だけど、あとから消したのかな?と気になってしかたがなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全13件)