アウトロー 哀しき復讐のレビュー・感想・評価

アウトロー 哀しき復讐

劇場公開日 2013年1月12日
3件を表示 映画レビューを書く

まあまあだった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 えぐい冒頭の場面で引き込まれたのだけど、主人公が暗くて、周りに不幸や悲惨な出来事が多過ぎる。それはなんとなく主人公の暗さがそういう出来事を呼び込んでいるような感じがした。何か不幸があって暗くなるのではなく、元から暗いために悲惨な出来事を引き寄せるように見えた。最後の方は話が出来すぎていてうそ臭く感じた。いくらなんでもチンピラたちが子どもまで殺すなんて治安が悪過ぎる。あんな連中はあの年になるまえに刑務所に入るか誰かに殺されているのではないだろうか。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2018年10月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

終盤死んだ。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

中盤まで良かった。
主人公の悲壮感、残酷な運命。
だが終盤、妻と娘を惨殺した犯人や
犯人を無罪にした人らに復讐をするわけですが。
駐車場に何人か並べ鎖で結び尋問する。
警察沙汰になったり、コイントスしたり
無駄な演出ばかり。
結局、主人公は自ら手を下さずに終わる。
本当に恨んでいるのなら
直接酷く殺すのではないのか?
がっかり。

めたるぱんち
めたるぱんちさん / 2017年11月20日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

この内容にしては尺が短すぎますな…。

終わってみれば、まぁ〜ビックリな仕上がりでした。
‘哀しき復讐’なんて副題があるからてっきり最愛の妻子を殺された刑事が犯人をひとりひとり復讐の念を持って殺していくのかと思いきや…
まずは猟奇殺人のシーンが続いて‘おっ、セブンののり!?’、そしたら刑事さんの精神的お悩み等もでてきて‘心理合戦か!?’と見ていたら不正義感バリバリの裁判劇がでてきて、しまいには‘SAW’になだれこみ…。
とにかくこれだけ詰め込んで93分は短いでしょ。
突き詰めればどんどん突っ込んでいけるネタ満載なのにもったいない。
途中の友人の裏切りなんかもチョット理由付けがあまいかな〜。
けど、予想を裏切る展開には大満足な映画なのでした…。

peanuts
peanutsさん / 2013年1月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi