セデック・バレ 第一部 太陽旗

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
セデック・バレ 第一部 太陽旗
38%
42%
16%
2%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

台湾で大ヒットを記録した「海角七号 君想う、国境の南」のウェイ・ダーション監督が、日本統治下の台湾で起こった台湾先住民族セデック族による抗日暴動「霧社事件」を全2部作で描いた歴史大作の前編。ジョン・ウー、テレンス・チャンらもプロデューサーを務め、プロダクションデザインの種田陽平、日本軍人役の安藤政信、木村祐一ら、日本からもスタッフ、キャストが参加している。1895年、日清戦争で清が敗れると、台湾中部の山岳地帯に暮らす狩猟民族セデック族の集落にまで日本の統治が及び、平穏な生活が奪われていく。それから35年、父親の跡を継ぎ一族の頭目となったモーナは、村の人々とともに日々を耐え忍んで生きていたが、ひとりのセデック族が日本人警察官と衝突したことから、一族のおさえこまれていた感情が爆発する。

2011年製作/143分/R15+/台湾
原題:Warriors of the Rainbow I : Sun Flag
配給:太秦

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)Copyright 2011 Central Motion Picture Corporation & ARS Film Production ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.5見て良かった

りょうさん
2020年12月16日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

映像がとても美しいので、見入ってしまった。荘厳な山や太陽や虹。桜。
しかし内容はとても切ない戦いの話。
台湾の住民の暮らしに日本軍がズカズカと入り込んできた様がすごくわかりやすかった。日本軍は文明をもたらしたと思っているが、彼らはそんなこと望んでいなかった。
やがて鬱憤がたまり、彼らは蜂起するが、
日本軍がやられているのを見ると、実はすかっとしてしまう日本人の自分がいる。
いつの間にか感情移入をさせられている。それは何故かと言うと、彼らは別に悪いことをしているわけではなく、当然の行動だったように思えるからだ。
日本軍もまた、当然の行動しており、なぜ人間はここまで戦いしかできないのだろうかと悲しくなってくる。
歌もとても美しかった。ちょっと歌長くてうるさい時もあったけれど。

この、自分たちの誇りに生きた男たちの死に様を最後まで見とどけようと思って次作まで見たけれど、女子供まで死んでいく姿には涙した。
良い作品を見た。
ただ、一部をのぞき、全員が同じような顔に見えてしまって、どっちが敵てどっちが味方かちょっとわかりづらかった。
小島が、奥さん子供に死なれて悲しむ姿が1シーンあれば、もう少し小島の行動が理解できると思う。
あと、俺はもう疲れたと言うモーナ•ルダオに、おいおいそれはないだろうとちょっと思った。放棄したのは自分なんだからけじめもちゃんとつけて欲しかった。
なんにせよ、このような素晴らしい作品は、もっといろいろな賞を取っていてもおかしくないし、話題になってもいい作品だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りょう

5.0たった今鑑賞しました。

2019年12月9日
iPhoneアプリから投稿

宇多丸師匠が大絶賛していて、気になっていたので、今更ですが見ました。結論から言うと、凄まじい映画です。

セデック族の価値観は理解できません。住んでいる世界が余りにも違いすぎます。でも、血の儀式が凄い…戦慄に溢れていました。ただひたすらに凄かったです。
台湾の植生は照葉樹だったと思います。僕が実際に見たことのある美しい照葉樹林を、ここまで完璧に表現した映画が他にあるのでしょうか。

照葉樹林といえば、宮崎駿監督にも影響を与えた照葉樹林文化、そして、その一部でもある縄文文化を連想させる描写がありました。セデック族も、縄文人の血を引き継いだ我々日本人も、ルーツは同じなのでしょうか?個人的に気になるので、今後調べてみようと思います。

最後に、この映画は正直長いですが、この長さは必要だと思いました。見れば分かります。兎に角見てください。僕はご飯を食べたら続きを見ようと思います。

追記:一言でいうと「‪神々のいないもののけ姫‬」です。ジブリファンは必ず見てください。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
無二村鷲美

3.0台湾のウェイ・ダーション監督が、日本統治下の台湾で起こった台湾先住...

2019年9月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

台湾のウェイ・ダーション監督が、日本統治下の台湾で起こった台湾先住民族セデック族による抗日暴動「霧社事件」を全2部作で描いた歴史大作の前編。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

5.0まさしく侍だった。

2019年7月6日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

興奮

知的

時代劇映画を中心にDVDで見まくりましたが、全く同じカテゴリだとかんじました。会津藩の悲劇に重なり合うし、首狩りは日本の侍も同じだったし。戦に赴くときの心構えも同じでした。死は終わりではなく向こう側に行くだけのことだし、誇りの方が生きることより大事なのも同じ。当時の日本人が侍魂を忘れ去った士族と、元から侍魂を持ち合わせていない町人や農民出身の官憲だったことが悲劇だったのだろうと想像を膨らませました。あっという間に時間は過ぎて、とても見ごたえのある映画でした。モーナは最高ですね。その瞳に吸い寄せられます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
すおうけんいち🗾🎍🍙🥋🇯🇵
すべての映画レビューを見る(全21件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「セデック・バレ」シリーズ関連作品