「最初の人間」最初の人間 poppartyさんの映画レビュー(ネタバレ)

ホーム > 作品情報 > 映画「最初の人間」 > レビュー > poppartyさんのレビュー
メニュー

最初の人間

劇場公開日 2012年12月15日
全1件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

最初の人間 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

カミュの生涯を描いた作品ということで、小説と同様"不条理"な映画なのかなと思って見たところ、全く違って彼の生涯をとおして、出身国であるアルジェリアがフランスから独立しようとしていたときに、差別を受け続けた彼の心の葛藤を描いた映画で、たいへんメランコリックだった。日本では移民の問題というのはほぼ皆無なので、正直何とも言えないところだが、実際のところ人口が減少しているわが国にとって将来直面することは必須で、文化や宗教などの違う人たちと仲良くやっていけるかどうかは自信はない。彼らもいまだに決してうまく共存できているとは言いがたく、W杯のジダンの頭突き問題なんかを引き起こしている。最終的には多様性を考慮してお互いを理解しあうしかないのではあるが、これは人類の永遠のテーマになるであろう。この映画を見た人はほとんど退屈に思うと考えられるが、私は時間を忘れて見入ってしまっていた。

popparty
さん / 2014年1月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報