「辞書と人生」舟を編む はなさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「舟を編む」 > レビュー > はなさんのレビュー
メニュー

舟を編む

劇場公開日 2013年4月13日
全166件中、8件目を表示
  •  
映画レビューを書く

辞書と人生

辞書がどのように作られているのかが、単純に勉強になった。

松田龍平の演技
周囲よりコミュニケーション障害と捉えられていた環境から、辞書編集部では能力 個性と認められ、受け入れられることで、主人公自身も努力しのめり込んでいく様子が客観的にとても分かりやすかった。
自分に合った環境にいることで、自分らしさを発揮できる。好きなことにのめり込むパワーが、良い影響をもたらし、チームワークになっていくところも清々しかった。机の上でも泥くささがあった。

そして、パートナーの信頼関係 絆も映像から受け取ることができ、心が温まりました。

はな
さん / 2019年1月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報