「それらしいけれどハジけない」野蛮なやつら SAVAGES arakazuさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

野蛮なやつら SAVAGES

劇場公開日 2013年3月8日
全24件中、15件目を表示
  •  
映画レビューを書く

それらしいけれどハジけない

大学で経済学と植物学を専攻したベンと元特殊部隊の傭兵チョンの親友コンビが大麻ビジネスで大成功。ベンはその利益をアフリカやアジアの貧困地域に還元していた。しかし、彼等が栽培する質の高い大麻はメキシコの麻薬カルテルに目を付けられる。カルテルはベンとチョンに事業提携を持ちかけられるが…。
ベンとチョンを演じるのはアーロン・ジョンソンとテイラー・キッチュ。二人を同じように愛する孤独な金持ちの娘にブレイク・ライブリー。カルテルのボスにサルマ・ハエック。その手下にベニチオ・デル・トロ。悪徳麻薬捜査官にジョン・トラヴォルタ。
とまあ、それらしいキャスティングで悪くなさそうだが、どのキャラクターもどうも輪郭が曖昧というかなんというか、魅力的じゃないし、ハジけ足りないのだ。プロットとしては、どこかで観たような(読んだような)既視感のあるストーリーなので、キャラクターにインパクトが欲しい。
男二人と女二人といえば、セリフにも登場するように『明日に向かって撃て』『冒険者たち』『突然炎のごとく』等傑作が存在するが、それに遠く及ばない凡庸な作品だった。

arakazu
さん / 2014年4月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報