「オリヴァー・ストーン、まだまだイケる」野蛮なやつら SAVAGES マスター@だんだんさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「野蛮なやつら SAVAGES」 > レビュー > マスター@だんだんさんのレビュー
メニュー

野蛮なやつら SAVAGES

劇場公開日 2013年3月8日
全24件中、18件目を表示
  •  
映画レビューを書く

オリヴァー・ストーン、まだまだイケる

久しぶりにオリヴァー・ストーンが面白いと思った。なぜ急にこんな若々しい作品が撮れるようになったのだろう?
マリファナで大儲けをしたのはいいがメキシコの組織に目をつけられてしまう、いわば素人がやりすぎてそのスジから因縁をつけられる話だ。
博愛主義のベンは危ない橋を渡るのはやめて営業権をそっくりくれてしまおうといい、相棒のチョンは稼ぎは誰にも渡さないと言い張るところから事件が始まる。
この対照的な二人にテイラー・キッチュとアーロン・ジョンソンがイメージ的にいい具合で収まっている。二人の共通の恋人で組織に拉致されてしまう美女オフィーリアのブレイク・ライブラリーもそれなりだ。主人公3人は演技よりルックスで選ばれた感じだ。

この映画の面白さは悪役側にある。
サルマ・ハエックによる麻薬組織の女ボス・エレナはクレオパトラみたいなヘアスタイルと顔立ちで荒くれ者たちを束ねるが、意外に情にもろいところがあって憎めない。
邪魔者を消す組織の掃除屋ラドのベニチオ・デル・トロのワルぶりは最高だ。これだけのワルが登場する映画はそうそう無い。この映画を面白くした最大の功労者だ。
そしてジョン・トラボルタ。甘い汁を吸う麻薬取締局員だが、丸くなった顔とでっぷり大きくなった体は悪徳刑事というより世渡り上手といった具合で、最後まで抜け目がない。トラボルタもいい立ち位置を得た。

主役クラスは“お飾り”。悪役陣の演技力を活かしたストーリーと、その道の“玄人”の恐ろしさを打ち出した演出に総力を挙げたことが、結果的にリズミカルで若々しさを秘める結果となった。

マスター@だんだん
さん / 2013年3月16日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報