「地獄絵を歩いて」3月11日を生きて 石巻・門脇小・人びと・ことば まごちゃんさんの映画レビュー(感想・評価)

5.01
100%
0%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

5.0地獄絵を歩いて

2012年7月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

幸せ

学校と子どもたちを中心に、

震災後の宮城をきりぬいて見せてくれる作品です。

まず、子供たちが、お元気そうなことに、

ほっとして、嬉しくなりました。

生き残った命の横の、残された瓦礫が、

しかし確かに震災は起こったのだという記憶を、

はっきりと思い出させてくれます。

みんなが 大変なことを抱えている時代だけれど、

何か、訴えようとするまなざし、

そこに、希望のようなものも見える作品でした! ^-^

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
まごちゃん
「3月11日を生きて 石巻・門脇小・人びと・ことば」のレビューを書く 「3月11日を生きて 石巻・門脇小・人びと・ことば」のレビュー一覧へ(全1件)
「3月11日を生きて 石巻・門脇小・人びと・ことば」の作品トップへ