清須会議(ネタバレなし)のレビュー・感想・評価 (5)

メニュー

清須会議

劇場公開日 2013年11月9日
140件中、81~100件目を表示 映画レビューを書く

三谷映画の過ち。

もともと三谷喜劇は好きです。
舞台は必ず観に行きますし、舞台のDVDや戯曲も持っているほどなので、ファンと言っても過言ではないかもしれません。

しかし、氏の映画を観る度に思います。
「映画だと、なんでこうなってしまうんだろう。」

まず、史実をもとにしたとはいえ、あまりにも脚本に構成力がなさすぎる。

「会議」がテーマなので「12人の優しい日本人」くらいのクオリティを望んでいたけれど、それには遠く及ばず。

三谷喜劇特有の会話劇の醍醐味もなく、可笑しみを誘おうとする小ネタの数々は、相変わらずアタケていて、シラケるばかり。

ストーリーの運び方にしても、登場人物が多すぎるせいで、本筋がボケてしまっているし、
無駄なエピソード、無駄なギャグのせいで、切迫感・真剣味が削がれてしまっている。

なにより、「会議という名の戦場」での2人の戦いがあまりにもお粗末。

大泉洋演じる羽柴秀吉が裏で根回ししている間、
役所広司演じる柴田勝家は女にうつつを抜かすだけ。

これでは、観客も勝負の行方を簡単に想像できてしまうし、柴田勝家にも同情できない。

会議によって、世の中が変わるという緊迫感をもっと出すべきだし、もしそこに重点をおいていないのだったら、タイトルを変えるべきだと思う。

いままでのコメディ要素満載のドタバタ映画に比べたら、幾分観れるものになっていますが、
それでも映画としたの完成度は低いと思います。

Show
Showさん / 2013年12月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  楽しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

役所広司が好きだ

三谷幸喜の作品は面白いけど映画館で見る必要がないんだよなーと思いつつ、しっかり映画館で鑑賞。
やっぱり面白かった。大泉洋を始め役者が皆良かった!所々、あーこれ笑わせにきてるなーとわざとらしすぎる場面があったが、白けるほどのイヤらしさはなくてちょうどよかった。前作の小ネタも挟まれていて、クスッとできる。
もう一捻りあったらもっと良かったのに…。
柴田勝家がこの後どうなるか知っているため、役所広司の憎めない真っ直ぐな柴田勝家をみていると切なくなった。
これは、映画館でみて正解だったかも!

tett
tettさん / 2013年12月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

割とまじめ

想像以上にまじめなつくりで、前三作の感覚で観に行き肩透かしをくらいました。
しかし戦国時代に疎い私でも楽しめた映画です。歴史の政治的な掛け合いを描くにはちょうどいいテンポとノリではなかったかと。

一方でやっぱり前作のようなドタバタ感ももう少し欲しかったかなーとも思いますし、ちょっと最後あたり長かったというか間延びしたようにも感じました。

キャラクターに関しては丹羽さんがとても好きです。伊勢谷さんの三十郎様も魅力的で、剛力さんの松姫もいい感じ。

この映画を観て自分は群像劇が好きだなーと改めて実感。インタビューによれば歴史上の他の会議も撮りたいとのことで。時代的に色々難しいことも多いでしょうが今から楽しみです。

富子
富子さん / 2013年12月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今までで

初めて、これはないな。っと思ってしまった内容でした。
キャストが豪華で期待し過ぎていたのか、面白さを感じれなかった。

まぇしま
まぇしまさん / 2013年12月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

武将達のその後を思う

織田家の後継者を決定する清須会議。実質的にに羽柴秀吉 vs.柴田勝家という構図の中、丹羽長秀と池田恒興の思惑は…。

思えば三谷幸喜監督作はあまり一人で観ないです、大抵は友人か家族と観る時のお楽しみ。顔を見合わせたりクスクス笑いあったり。
今回も友人達と鑑賞、楽しかったです。豪華なキャストが嬉しいし、武将達のその後を思うと鑑賞中とは違った感慨がありました。三谷監督にはコンスタントに作品を発表していって欲しいです。

浅野忠信演じる前田利家、直接清須会議のメンバーではないものの、彼の存在は効いてると思いました。歴史に詳しくなくてよくは解らないけど、彼は色々な呼称で呼ばれていて、いろんなしがらみが透けてシンドそう。真面目だからこそ気の毒だけどちょっと可笑しい、走らされるし。

丹羽長秀を演じる小日向文世、なんか凄味を感じ印象的でした。役所広司、大泉洋、佐藤浩市はさすが、安定感がありました。
あと松姫様…登場にとてもインパクトがありました。

グッドラック
グッドラックさん / 2013年12月1日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

意外と…。

真面目に作ってありました(^_^;)

宣伝だけ見てるとどんなハチャメチャなんだろうと思っていましたが。

娯楽映画としては、十分楽しめました。

black-orchid
black-orchidさん / 2013年12月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

笑いをもっと求めてしまった

予告を観ても歴史が不得意のためあまり観たいとは思わなかったけど、友人の希望で一緒に鑑賞したがそれなりに面白かった。
ただ三谷作品となるともっと笑いを求めてしまったので全体的に見ると笑いが少なかったのが残念。
役所広司と大泉洋の映画だった。
大泉洋の演技を今までちゃんと観たことがなかったので今回イヤって程観たが 味のある役者だなと思った。
ベテラン役所広司と対等に演技をしてたように見えた。
佐藤浩市の役はちょっと佐藤浩市だと老けすぎじゃないかな?あと役柄がなぜかキムタクに見えた。
とにかく見たことある俳優さんばかり。一切笑いのないシリアスな三谷作品も観てみたい。

アトラ
アトラさん / 2013年12月1日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かった

意外とおもしろかった。歴史の知識があるとさらにおもしろく見ることができると思う。
カップルが多かった。オススメ。

あい
あいさん / 2013年11月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

三谷幸喜じゃなくてもいい

面白い、笑える作品のような宣伝の仕方ですが、全くと言っていいほど笑えなかった。ただ、歴史上の事実を淡々と綴っただけという感じ。三谷幸喜の作品というだけで、期待しすぎた。映画としては、まぁ普通。

ken
kenさん / 2013年11月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大騒ぎの割りに

前作、「素敵な金縛り」があまりに笑えて面白く、期待しました。
初めての歴史映画挑戦なのでしかたありませんが、
歴史をコメディーにするのは難しいと感じました。

見る人によってはチャカシに見えるし、笑いたい人にはあまり笑えないと思いました。

次作を期待します。三谷監督のチャレンジおおいに結構と思います。

Akira
Akiraさん / 2013年11月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

わかった三谷作品苦手なんだ

この俳優さんである意味ある?っていうキャスト多すぎ。
概して低調。
役所広司がいいのは当たり前ですが、妻夫木がものすごくよかった。
おバカちゃんをきっちり演じてました。
やっぱり大泉洋だと迫力とか威厳とか足りないよね。
最後三法師を抱きかかえ金色の衣に身を包んだ大泉洋が登場するシーン、別の人であればもっと圧巻だったんだろうなぁと。

royalapin
royalapinさん / 2013年11月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

三谷作品はプププッ…でよい。

「戦国●TV」や戦国系のゲームが好きな私にとっては、ニヤニヤが止まらない作品でした。

随所に三谷監督のユーモアや小ネタが利いていて
大爆笑は無いものの、「うまいなぁ~」と思わずププッと笑わせてもらいました。

歴史の流れをある程度知っておくと、
より楽しめるかも。

歴史の表舞台ではあまり見かけない
伊勢谷友介さん演じる「織田信包」というキャラクターに
個人的に惚れました!

たかユキ
たかユキさん / 2013年11月29日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あらららら。

寝ました。

大泉洋を活かせてない…中谷美紀にあんなことさせといて全然笑えない…剛力彩芽が大根すぎる…。

なんのためにこの話を映画にしたのか意味不明です。

meme
memeさん / 2013年11月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

清須会議

三谷作品はステキな金縛り以外どうも面白さがわからなかったのですが、これはなかなか面白かったです。まあまあ、これはいらんでしょみたいなシーンはいくつかありましたけどね。しかし、鈴木京香はどっから見ても妖怪にしか見えなかったわ。戸田恵子どこにいるかわかんなかったし、レンタル開始したらまた観ないとね。

ごえもん
ごえもんさん / 2013年11月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白いけど原作の方が良かった

柴田勝家が汚らしい力だけの男に見えて、秀吉の頭の良さも際立って皆、誇張して描かれているので、誰だっけと言う俳優さんもいます。面白いけれど秀作とは言えない。

未散
未散さん / 2013年11月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

質の良い群像劇だと思う。

映画の中を縦横無尽に駆け巡る大泉洋。見ていて本当に気持ちが良い。丹羽長秀役の小日向文世も一番難しい役を好演し、柴田勝家とのラストシーンは少ないながら小粋なセリフでとても印象深いシーンになった。

おもしろいのは柴田勝家の扱いが酷すぎる
事。どうも話の主人公にしてはバカすぎる。会議という名の合戦であるはずが、勝家の無策にイライラ。合理的で野心的な羽柴秀吉が魅力的に見えてしまい、中盤からはすっかり私は羽柴側の人間になってしまった。秀吉の人心掌握術に落ちてしまっていた。
三谷監督は明らかにその様な映画作りをしている。
そして、ラストシーンからエンドロールにかけて…バカで優しく、愚直な武人・柴田勝家にハッと気付かされる。
役所広司の演じる勝家の哀愁漂う愛らしさに。
三谷幸喜監督の群像劇はやはり面白い!と再確認できる映画でした。

ハナセレブ777
ハナセレブ777さん / 2013年11月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ビミョー

役者の方々は間違いなく一流で上手いのですが、三谷作品ということで笑うつもりで観ると期待はずれかも。
原作の方が間違いなく笑えます。

チャーリー
チャーリーさん / 2013年11月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

秀吉が解りやすくなりました

歴史は苦手で、映画を見た後に「清須会議」をググりました。

いままで感じてきた秀吉の違和感が、自分なりにこんな人であったのなら理解できました。(ま、創作なので史実と違っているだろうケドね)

農民出で、圧倒的カリスマの片腕、信長に心陶しているようだが、結果、後を奪って天下統一を成し遂げた。
ソコにずる賢さが見え、「信長も出世の足がかりとしか見ていなかったのかな~、
そうだとすると、一番信用ならない武将だな~」と、歴史知識がない自分ですが、思っていました。
しかし、そんな人が天下統一をしている事が違和感でした。

今回の映画の秀吉は、お舘様の亡き後、お舘様が成そうとしていた事を一番ブレなく、どんな手を使ってでも成し遂げる為に、行動する秀吉を感じられました。
ソレは、目的の為ならなんの垣根も乗り越える龍馬にもにて、この人なら天下を治めてしまえる!と考えを改められる程スキなキャラクターに見え、非常に楽しめました。

自分は好きでも、オススメするとなると、三谷映画はもう少し規模感が少なく、すすめる人を選んでしまうので(万人受けではないので)、★4つ。

SONIC
SONICさん / 2013年11月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

つまらなかった

もっと笑えるシーンがあるのかと思ってたけど、クスッとした所が一瞬だけ!
全然面白くなかった。
大泉洋の見た目も気持ち悪くて不快。
三谷幸喜も終わりか・・・

jjjjj
jjjjjさん / 2013年11月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

歴史は現場でなく会議で決まる 踊る四天王

いやはや、これが三谷ワールドと言われればそれまでだが、役者が揃いすぎて正月の顔見世興行みたいだ。そのため話の流れはいたって単純で、史実を深く掘り下げたり独特な解釈を加えるようなことはしていない。
秀吉が市の夫であった浅井長政を討ち取ったことで、市から嫌われているということさえ知っていれば話が理解できる。あとはお祭り騒ぎだと思って楽しむしかない。
そう思って観たら、「ステキな金縛り」に登場した落ち武者の亡霊・更科六兵衛が生きた姿で登場するシーンがいちばん笑えた。

世の中、武功を挙げるだけでは上に立てない時代に入ったことにまるで無頓着でガサツな柴田勝家の悲喜こもごもを演じた役所広司が巧い。三谷作品の中で、役所広司の持ち味が一番よく出ている。
策士・丹羽長秀の小日向文世、外交上手・羽柴秀吉の大泉洋、日和見・池田恒興の佐藤浩市を加えた新織田四天王の駆け引きは文句なしに面白い。
この4人の演技がなかったら、役者の無駄遣いになるところだった。
ラストは「ステキな金縛り」のようにだらだらと引っ張ることもなく、秀吉の将来に含みを持たせて綺麗な着地を決める。
こうしてみると、お祭り映画も騒ぎの技を積み上げているようだ。

マスター@だんだん
マスター@だんだんさん / 2013年11月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

140件中、81~100件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi