「どこまでも自分にくそ正直な主人公」レ・ミゼラブル まゆみ3さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「レ・ミゼラブル」 > レビュー > まゆみ3さんのレビュー
メニュー

レ・ミゼラブル

劇場公開日 2012年12月21日
全292件中、23件目を表示
  •  
映画レビューを書く

どこまでも自分にくそ正直な主人公

どこまでも自分にくそ正直な主人公、現実でそれで上手く行くのかな!?と疑問を感じつつ観ました。

でも自分に正直に生き抜いたら後悔はないだろうね。

コゼットと運命の恋人の歌の力量に差がありすぎでした。

運命の恋人役さんは余り好みの俳優ではありませんが、なるほど若くしてアカデミーの主演男優賞とるだけあるな、と思いました。

私は涙は全く出ませんでした。

それはそれとして長時間ながら引き込まれる、良作です。考えさせられることもありました。

ああ深淵な心に響く作品を観たいな〜!

まゆみ3
さん / 2018年3月24日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  単純 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報