劇場公開日 2003年12月6日

「ピクサー黎明期の一作。歴史的な価値はあり。」ニックナック たなかなかなかさんの映画レビュー(感想・評価)

3.11
0%
25%
75%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

2.5ピクサー黎明期の一作。歴史的な価値はあり。

2019年9月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

楽しい

単純

人魚のおもちゃに恋をしたスノードームの中の雪だるま人形が、彼女と出会う為に四苦八苦するという短編3DCGアニメ。

監督/脚本は、創立して間もないピクサーで短編アニメを手がけていた、後にレジェンドアニメ監督となるジョン・ラセター。

ピクサー制作の前作『ティン・トイ』と同様、意思を持つおもちゃの物語。『トイ・ストーリー』の雛型のような映画です。

1989年に制作されたということを考えると、ピクサーがいかに優れたCG技術を持っていたのかがわかります。

今鑑賞して面白さを感じる作品かと言われると微妙なところですが、CGアニメ黄金期を築いていくことになるピクサーの歴史を学ぶ上では、鑑賞はマストな作品だと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たなかなかなか
「ニックナック」のレビューを書く 「ニックナック」のレビュー一覧へ(全1件)
「ニックナック」の作品トップへ