「懐古的カルト。」彌勒 MIROKU lylycoさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「彌勒 MIROKU」 > レビュー > lylycoさんのレビュー
メニュー

彌勒 MIROKU

劇場公開日 2013年10月26日
全2件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

懐古的カルト。

創り手がそういったものを意図したのかどうかはわからない。新世紀映画を標榜しながらほぼモノクロで撮られ、原作は稲垣足穂という絶妙な胡散臭さ。エンタメが多様な嗜好に合わせて細分化され、マニアがほとんど普遍的なものになったいま、カルト、サブカル、アングラといったようなものは、もはやレトロスペクティブの中にしか成立しないのかもしれない。

この作品では少年の役を少女が演じている。同じ趣向で真っ先に思い出すのは1988年公開の傑作『1999年の夏休み』だ。金子修介監督で原案は萩尾望都の『トーマの心臓』である。タルホといえばA感覚だし、トーマもそちらの傾向は色濃い。これらの映画がいずれも少女に少年役をやらせている。これは単に奇をてらった結果ではなく、必然と見るべきだと思う。表現として成功してもいる。

書割を多用した独特の演出も面白かった。特に、ドヤ街のエキストラまでもが書割で表現されているのには驚いた。これが相当に良い味を出している。万人におすすめできるかといえば疑問だけれど、たまには珍味も味わいたいという向きにはぴったりの映画だと思う。

lylyco
さん / 2016年1月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報