ひとりぼっちのカバ

劇場公開日:

解説

ロシアのアニメーション作家エドゥアルド・ナザーロフの処女作。ロシアを代表する世界的アニメーション作家ユーリー・ノルシュテインの代表作を一堂に集めた特集上映<ユーリー・ノルシュテインの世界>で上映された。

1975年製作/6分/ソ連
原題:Little Hippo
配給:ふゅーじょんぷろだくと=ラピュタ阿佐ヶ谷

ストーリー

ひとりぼっちの小さなカバ。アリやハチの集団を見ると、つい「カバがたくさんいたら」と想像してしまう。「仲間がいなくてもいいや」と自分をなぐさめるが、ウサギやヒヨコを見ると、さびしさが募る。でも、カバはふたりでも十分うるさいのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く