キツネとウサギ

劇場公開日

  • 予告編を見る
キツネとウサギ
11%
61%
28%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「アート・アニメーションの神様」として世界中のアニメーターたちから尊敬を集めるロシア人アニメーター、ユーリー・ノルシュテイン監督が第3作にして初めて単独で監督を務め、ウラジーミル・ダーリ原案によるロシア民話「キツネとウサギ」をモチーフに描いた短編アニメ。キツネに家を乗っ取られたウサギが、オオカミやクマ、ウシといった強そうな動物の力を借りるも上手くいかず、雄鶏の意外な活躍で家を取り戻すまでを描く。ノルシュテイン監督が美術監督を務める妻ヤールブソワと共に、民衆美術を取り入れながらキャラクターデザインを考案。鮮やかな色彩で高度に様式化されたガラジェッツ絵画のデザインが全面的に用いられている。2016年12月、ノルシュテイン監督の代表作6作品を高画質・高音質でよみがえらせたデジタルリマスター版の特集上映「アニメーションの神様、その美しき世界」で上映。

1973年製作/12分/ソ連
原題:Lisa i zayats
配給:チャイルド・フィルム
日本初公開:2004年7月18日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)2016 F.S.U.E C&P SMF

映画レビュー

4.0アニメの可能性を想う

曽羅密さん
2017年9月20日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ノルシュテイン監督の3作目、やはり12分の小品である。
1974年ザグレブ国際映画祭児童映画最優秀賞を授賞している。
イタリアのTV局から依頼されて制作したらしい。

本作のお話はロシア人なら誰でも知っているらしい。
ノルシュテインは「民衆の美術、絵画というものは、美学的に最もレベルの高いものです。民族の美しさ、生活様式が収められており、民族の人生哲学の表現なのです。」と語っているが、本作ではそれを活かすべくゴロジェッツ(ヴォルガ川左岸の町)絵画に材を取っている。
確かに絵柄は簡素で余計な装飾はないが、全体に暖かみがあり、額縁をあえて設けてシーンが変わる際に額縁も変わる形式はより芸術性を高めている。
お話は至って単純明快なものだが、切り絵を1コマ動かしては撮影する、また1コマ動かしては撮影する、気の遠くなるような作業を想像するだけで感動する。
たかが12分を創るのに膨大な時間がかかっている。

ノルシュテインはかつて日本のロボットアニメを観て「こんなものはゴミ箱に捨ててしまえ!」と言った。CGを駆使したアニメーションも極度に嫌っている。
世の中にはこの発言にショックを受けたり怒る人もいるだろう。
ただこういうアニメーション作家も世の中には絶対にいなければいけない。
筆者はガンダムに代表されるロボットアニメも、攻殻機動隊に代表されるヒーロー(ヒロイン)アニメも、最近流行している異世界転生アニメもどれも好きで観ている。
これらはあくまでも娯楽作品であって芸術的なものではない。
世界中でごまんと制作されるアニメがどれも上記のようなアニメだけだったらどうだろうか?
アニメの世界はひどく貧弱なものになるはずである。
世界を見渡せばフィルムに直接ひっかき傷をつけてアニメにするノーマン・マクラーレンや現代社会に警鐘を鳴らす作品を創ったフレデリック・バック、シュールなSF作品を創ったルネ・ラルー、作品の中で不気味な人形世界が展開するクエイ兄弟、イジー・トルンカやヤン・シュバンクマイエルに代表されるチェコの人形アニメーション作家たちなどきら星のごとく畏敬すべき才能がいる。
かつて日本にも川本喜八郎や岡本忠成らの世界的に有名な芸術性の高いアニメーション作家がいた。
こういった個性的な作家たちがアニメの無限の可能性を押し広げてきたのではないかと思う。
現在日本にも山村浩二や加藤久仁生らの芸術性の高い作家はいるが、自由に作品を制作できる環境にあるとは思えない。
片渕須直がクラウドファンディングの協力を得て『この世界の片隅に』のような素晴らしい作品を創り上げられたのは本当に快挙である。

芸術性のある作品を好きか嫌いかは人それぞれだろうが、嫌いな奴がいるから好きな人がより好きだとわかる、難解な映画があるからわかりやすい映画の良さに感動するのと同じで、芸術性を極めた作品があるから娯楽作品を思う存分楽しめるのではないだろうか。
ノルシュテインのような多少偏屈な作家が存在してもいいのではないだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
曽羅密
すべての映画レビューを見る(全1件)