劇場公開日 2004年3月13日

「女性蔑視」アフガン零年 kossykossyさんの映画レビュー(感想・評価)

4.01
0%
100%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0女性蔑視

kossyさん
2018年10月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

難しい

 女が男を伴わないで外出することは許されなかった。女性の地位が極端に低い、どちらかといえば古いイスラムの教え。女が一人で出歩こうものなら、タリバンに殺されるという悲惨な国情でもあった。

 そんな中で、少女の家族はははと祖母との3人暮らし。男手がないと生活できないので、少女は男の振りをさせられる。髪を切り、男の服を着て、なんとか知り合いの小さな店で働くことができた。イスラムの学校に入り、何度も女であることがばれそうになるが、お香屋の少年に助けられ、オサマと呼ばれる。しかし、ついに見つかってしまう。公開処刑場にて次々と死刑判決が下りる中で、少女は老人と結婚することでなんとか許される。

 切った髪を鉢植えにして祈る姿、祖母が「虹を渡れば男になれる」と繰り返す台詞。学校での集団入浴、井戸に吊るされる罰、いい加減な死刑判決。印象に残るシーンが多い。圧政に苦しむ人民の姿よりも、女性蔑視のイスラム世界の憤りを感じさせる・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
「アフガン零年」のレビューを書く 「アフガン零年」のレビュー一覧へ(全1件)
「アフガン零年」の作品トップへ