ローマの休日 製作50周年記念デジタル・ニューマスター版

劇場公開日

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アメリカン・フィルム・インスティテュートが2000年に発表した“アメリカが生んだ最も素晴らしいラブストーリー ベスト100”の第4位に選ばれた恋愛映画。製作から50周年を迎え、“デジタル・ニューマスター版”として再び公開された。この映画によって、主演のオードリー・ヘプバーンは無名の女優からハリウッド・スターとなった。

あらすじ

ヨーロッパ最古の王室の王位継承者、アン王女(オードリー・ヘプバーン)は、欧州親善旅行でロンドン、パリなど各地を来訪。ローマでは、駐在大使主催の歓迎舞踏会に出席する。強行軍にもかかわらず、元気に任務をこなしていた王女だが、内心では分刻みのスケジュールと、用意されたスピーチを披露するだけのセレモニーにいささかうんざり気味。就寝の時間になると、侍従たちを前に軽いヒステリーを起こしてしまう。主治医に鎮静剤を注射されたものの、気が高ぶっているため、なかなか寝つけない。ふと思いついた彼女は、宿舎である宮殿をひそかに脱出する。夜のローマをぶらぶら歩いていた彼女は、やがて先ほどの鎮静剤が効いてきて、道ばたのベンチに身体をぐったりと横たえる。そこを偶然通りかかったのが、アメリカ人の新聞記者ジョー・ブラドリー(グレゴリー・ペック)。若い娘がベンチに寝ているのを見て、家に帰そうとするが、アンの意識は朦朧としていて埒があかない。彼女をそのまま放っておくこともできず、ジョーはアンを自分のアパートへ連れて帰り、一晩の宿を提供する。翌朝、うっかり寝過ごしたジョーは、まだ眠っているアンを部屋に残したまま、新聞社へ向かう。支局長から「アン王女は急病で、記者会見は中止」と聞いたジョーは、そこではじめて昨晩の娘の正体が、実はアン王女だったことに気づく。王女には自分が彼女の身分を知ったことを明かさず、ローマの街を連れ歩いて、その行動を記事にできたら大スクープになる! ふってわいたチャンスに色めき立ったジョーは、アン王女の特ダネを取った場合の破格のボーナスを支局長に約束させる。 ジョーのアパートで目を覚ましたアンは、思いがけない事態に驚くが、同時にワクワクするような気分も感じていた。アパートを出た後も、せっかく手に入れた自由をすぐに捨て去るには忍びず、街をのんびりと散策。ジョーに借りたお金で、かわいいサンダルを買ったり、ヘアサロンに飛び込んで長い髪をショートにしたりと、ごくふつうの女の子のように楽しい時間を満喫する。アンがスペイン広場でジェラートを食べていると、彼女の後を追ってきたジョーに声をかけられる。偶然の再会を装う彼の「思いきって1日楽しんだら?」という声に押され、アンは宮殿に戻るのを夜までのばすことに決める。スクープに必要な証拠写真をおさえるため、ジョーは同僚のカメラマン、アービング・ラドビッチ(エディ・アルバート)も誘って、アンにローマ案内を買って出る。オープンカフェでは初めてのタバコを試し、2人乗りしたスクーターで街中を疾走。真実の口や、祈りの壁など名所の数々も訪れた。夜は、サンタンジェロの船上パーティーに参加するが、その会場にはついにアン王女を捜しにきた情報部員たちが現れる。アンとジョーは情報部員相手に大乱闘を繰り広げた後、一緒に河へ飛び込んで追手の目を逃れる。つかの間の自由と興奮を味わううちに、いつの間にかアンとジョーの間には強い恋心が生まれていた。河からあがったふたりは、抱き合って熱いキスを交わす。お互いへの本当の想いを口に出せないまま、アンは祖国と王室への義務を果たすために宮殿へ戻り、ジョーは彼女との思い出を決して記事にはしないと決意する。その翌日、宮殿ではアン王女の記者会見が開かれる。アービングは撮影した写真がすべて入った封筒を、王女にそっと渡す。見つめ合うアンとジョー。「ローマは永遠に忘れ得ぬ街となるでしょう」笑顔とともに振り向いたアン王女の瞳には、かすかに涙の跡が光っていた。

1953年製作/118分/アメリカ
原題:Roman holiday
配給:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

5.0デジタルリマスター技術に感謝

2019年7月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

オードリー・ヘプバーンの可憐な美しさが

ほぼ伝説の様になっているけど

観たことないと言う人も最近は多いかもしれない。

なら是非、観てみてください。

この映画も含めて最近の
デジタルリマスター技術に感謝感謝!
往年の名作が本当に綺麗に観られます。
モノクロだけど、そんなこと、

画面にオードリーが映った瞬間に消し飛んでしまいます。

王道のラブコメであり、ワクワクして、笑えて、楽しくて

最後は主人公の成長に涙する。
映画らしい映画であり、

未だに、脚本的にも、ヒロインの魅力的にも

この映画を超えるラブコメに出会えないでいます。

で、月に8回程映画館に通う中途半端な映画好きとしては

自分が年に1回は必ず観る作品なのであまりに身近すぎて
レビューを書いてないことにすら気がついてなかった!!

町山智浩さんの受け売りなのですが
オードリー・ヘプバーンが演じるお姫様は
何のためにイタリアを訪れたのか?

「ローマの休日」は
第二次世界大戦が1945年に終結してから
8年後の
1953年に製作された映画です。

戦火に焼かれたヨーロッパの各国がようやく落ち着き、

傷ついた人々の再生のため、ヨーロッパ各国が
平和な発展と共存に向かって歩み出すその象徵として

ヨーロッパで一番古い王室のお姫様(オードリー)が
各国を親善訪問している途中のお話です。

そこをしっかり留めてこの映画を観ると最後の一連のシーンが、
単にお姫様の気まぐれなのではなく本当に胸に迫って来ます。


グレゴリー・ペックが長い長い回廊を一人で去ってゆく
その最後のシーンに込められた思いが切なくも美しい。

ああ、グレゴリー・ペック〜〜最高!!

@もう一度観るなら?
「DVDも持ってますが、観られる企画上映がある限り

絶対に映画館で観ます。」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
星のナターシャ

5.0初めての〇〇がいっぱい

2018年8月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

幸せ

そんな喜び・きらめきがいっぱいに詰まった物語。
それを、粋にジェントルマンとして見守るジョーと、いたずら小僧っぽく見守るアーヴィング。

何度も何度も鑑賞した名作中の名作。
鑑賞する年代によって、感じ方が変わってくる。
 ただひたすらに、王女による小さな冒険に胸ときめかせた子ども時代。
 あんな恋に憧れて、旅に出ては似たようなシチュエーションを期待した若者のころ。
 いろいろな責任を感じるようになったころにジーンときた「人生、ままならないものだ」という言葉。ラストのアン王女の、すでに人形じゃない、自分の意志を持った毅然としたふるまい、表情。ジョーの切ない、でも清々しい表情。児童文学の名著カニグズバーグ氏作『クローディアの秘密』にも似た感銘。
 そして、今。
 ジョーがラストにとった言動は理解できる。けれど、アーヴィングの言動は?なぜ?…直接的には映画の中では語られていないが、「人とひととの友情…」なんて言葉をかみしめながら見ていると、アン王女とジョーの物語とは別に、心の奥底にズシンときて、温かいものが広がっていく…。

 こんな風に、幾重にも鑑賞できる不朽の名作。

制作50周年記念デジタル。ニューマスター版で鑑賞。
大画面の迫力はないけれど、DVD特典で、映画の裏側解説が聞けるのが、楽しみ。

あえて、カラーじゃなく、白黒で撮ったそうな。
 その意図は忘れたけれど、白黒画面によってその品格が際立つ。また”夢物語”であることを印象づけてくれる。(妙に生々しくない)

加えて、ローマの景色が映画を彩り、

出演者の衣装が夢物語を憧れに変える。
 普段着のさりげないコーディネート。
 アーニャの衣装は言うまでもない。
 ジョーの、上半身と下半身の比は真似できないが、タックの入ったパンツの格好良さ。白黒なので見間違いかもしれないが、上下揃いの生地ではないのに決まっているスーツ。

役者もすごい。
 オードリーさんのすばらしさは、誰もが異存のないところ。
 それに加えて、グレゴリー氏のすばらしさ。コメディタッチでも、スクープを物にしようとする下心がありつつも、この方がやると、ダンディで、スマートで、ジェントルマンで、下品にならない。しかも、タイトルバックに自分よりも新人オードリーさんを出すべきだと推すような懐の深さもある。
 この二人にエディ氏。この方の善人ぶりが、二人をさらに輝かせる。

監督もすごい。
 この作品から、『ベンハー』のような超大河作まで、幅広い…。
 噂に名高いスペイン広場の時計。確かに難しいシーンだけれど、鑑賞する方から言えば”たった”あれだけのシーンなのに、妥協を許さないで何テークも撮る完璧主義者。なのに、全編を通して、”やらせ”のような舞台じみた個所はなく、特にオードリーさんのフレッシュな魅力は損なわれていない。
 某国の秘密警察が出てきたときにはエンデ氏の『モモ』を思い出してしまった(こちらの映画が先だろうが)。そんな遊び心も楽しい。そんな様式じみた某国と、自由な三人の対比が面白い。

そして、脚本。干されている中で書かれたこの作品。
 たった、24時間の冒険とその前後の中で、人としての在り方を見つめる作品とはいえ、なんと軽快な台詞の応酬があるのだろう。籠の中から飛び出す自由を謳歌し、自分を見つめ直し、真の心の自由を手に入れる作品。追放されていたからこそ書けた作品なのだろうか?

原題の『Roman holiday』は、日本語訳と違う意味合いを持つ言葉と聞く。「他人の犠牲において楽しむ娯楽」とな。単純に考えれば、某国のおつきの人々の心配という犠牲において楽しむ娯楽?でも、映画の印象にそぐわない。犠牲も、楽しむ娯楽も、王女のことのように見えるから。USAと日本の感覚の違いなのかな?
 次回の鑑賞時にまた違った味わい・意味が見つかりそうだ。

年月を経ても色あせない古典だけが持つ味わい。
こんな素敵な映画を保存してくれて、修復してくれてありがとう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とみいじょん

5.0名作はやはり名作

ばさんさん
2014年11月25日
スマートフォンから投稿

泣ける

笑える

幸せ

画面いっぱいに映るオードリーのチャーミングさに引き込まれっぱなしの1本。
小気味のいいグレゴリー・ペックの演技もこの映画をワンランク上に押し上げている。
何十年と経っても色あせない魅力的な映画で、名作中の名作だと改めて思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ばさん

5.0DVD購入

nanana828さん
2014年5月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

この映画は50年後も名作と呼ばれているのだと思う。飽きなくておもしろくて素敵で、時代が経ていることを感じさせない、むしろ新鮮であるとさえ感じるくらい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
nanana828
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ローマの休日 製作50周年記念デジタル・ニューマスター版」以外にこんな作品をCheck-inしています。