白痴

劇場公開日

0%
37%
44%
15%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

無頼派の作家・坂口安吾の「堕落論」に並ぶ代表作「白痴」を、手塚治虫の長男・手塚眞がメガホンをとり映画化した文芸大作。戦時中の秘められた男女の共同生活と逃避行を描いた原作を、ビジュアリストと呼ばれる手塚眞のイマジネーションにあふれた独自の発想と演出で大胆に映像化。ベネチア国際映画祭で上映され、先鋭的な映像技術のすぐれた作品に与えられるデジタルアワードを受賞するなど注目を集めた。延々と続く戦争により人々の生活が荒み、どこか終末的な空気の漂う日本。映画制作を志しながらテレビ局のADとして働く伊沢は、戦意高揚番組と安直で低俗な歌謡番組ばかりの仕事に幻滅していた。なかでもカリスマ的アイドルの銀河の傍若無人さと、粗暴なディレクターの落合の理不尽な仕打ちには、心身をすり減らすばかり。そんなある日、隣に住む木枯の妻で白痴の女性サヨが伊沢の部屋に忍び込んでくる。そこから2人の奇妙な共同生活が始まり……。巨大なオープンセットを建造し、クライマックスシーンでは実際にそれを爆破、炎上させるなど大スケールの撮影で製作に10年を費やした。主演は「御法度」などで人気を集めた浅野忠信。ファッションモデルとして活躍した甲田益也子のほか、草刈正雄、橋本麗香、原田芳雄、江波杏子、藤村俊二、岡田真澄ら名俳優が顔をそろえる。1999年製作・公開(松竹配給)。2020年10月、製作20周年を記念してデジタルリマスター版でリバイバル公開(ネオンテトラ配給)。

1999年製作/146分/PG12/日本
配給:ネオンテトラ
日本初公開:1999年11月13日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)手塚プロダクション

映画レビュー

4.0監督も安吾ファンですね?

セツさん
2022年5月18日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
セツ

2.0何を伝えたいのかわからない

りあのさん
2021年8月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

難しい

寝られる

いつの時代かわからないが、第二次世界大戦末期の日本の様な風景の中、映画制作を志しテレビ局のADとして働く伊沢は、カリスマ的アイドル銀河の傍若無人で理不尽な仕打ちに疲れていた。そんな時、隣に住む木枯の妻で白痴の女性サヨが伊沢の部屋に忍び込んできた。そこから2人の奇妙な共同生活が始まるという話。
これいつの時代だろう、と観ていたが、架空の時代なんだね。そのため、全く話に入り込めない。
主役のADにも白痴の女にも共感できず、いったい何を観客に伝えようとしているのかさっぱりわからなかった。
カリスマアイドル銀河役の橋本麗香が残忍だが可愛かっただけ。原田芳雄、江波杏子、藤村俊二、草刈正雄など出演者は豪華だったが、無駄遣い感漂う。
ラストのBGMに使われてる、展覧会の絵のキエフの大門はナニコレ珍百景で有名になった曲で、なぜか笑ってしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りあの

4.0いつの時代も

2021年3月26日
iPhoneアプリから投稿

人の不条理はいつの時代も同じなのか。

何がまともで何が異常なのか…人は信じるものは違くていいんだな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゴンギツネ

3.0大林の申し子

2021年2月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

誰もがこの映画を見て大林を想起したことは想像に難くない。しかし大林は時間軸では過去を空間軸では日本の具体的な地域を念頭に世界が構築されるのにたいして手塚は時間も空間も手塚真の頭のなかにのみ構築されていく。この点が見ているものを混乱に陥れる。今回は坂口安吾と言う具体的な作家の故郷、新潟と言う地名が辛うじて少し出るくらいで、そこに描かれる世界は三次元と言うよりまるで二次元の世界。もっと突っ込んだ言い方をすれば手塚の父、手塚治虫の描く戦争漫画における宝塚や大阪における異空間のようであると言っても過言ではない。

理解しがたく共鳴しにくいその空間は不思議とまた別の作品で見たくなる妙な癖を持つ。手塚真はこれからも迷うことなく作り続けてもらいたい作家のひとりである❗

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
mark108hello
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る